2008年09月15日

福田首相の辞任は最悪のタイミングだった

彼が自民総裁に選出される背景はご存知の通り、アンチ小泉的党内世論によって始まっていて(そもそもそのカードも旧森派現町村派の福田氏だってところが自民の党としての力の低下を象徴していた)、福田氏も「これだけの党内支持は大変光栄で嬉しい話でもあるので是非首相もやってみたいものだ」ではあったところでしょうが本音「好きで首相になったワケじゃないし」でもあった。
彼の政権における頂点は『大連立』であって、この大連立が流れたところで事実上福田政権は終わっていた。
持ち前の官僚との良好な連携で、彼が真面目に首相職を職業として遂行してきたのは事実なのだろうけれども、そこで目立った成果がある筈も無く(彼個人としても特別な政策目標のある人物じゃない)、小泉・安倍政権下で関係悪化した韓国・中国との国際関係の進展ぐらいが福田政権の意味合いと言えば意味合いなのかもしれないけれども、
その韓国は李明博政権の支持率が大幅低下していて政権基盤そのものが怪しい状態だし、
中国にしても以前のエントリーに書いたとおり。
http://kagewari.seesaa.net/article/103725626.html

国際関係も何も、現在は個別の対外関係ではなくて、地域全体の安全保障・経済協力含めてのグランドデザインが流動化していて、「教科書で謝ったからどうした」とかの論議はそもそも国際関係における政策論議云々じゃない。

その福田首相の辞任後に
「三笠フーズ汚染米事件」(福田氏はこれから逃げたって説もある)
福田政権のまま国会になっていれば、これはどえらい事件で政権への責任追及は半端なものじゃなかっただろうし、折込済みとは言え太田誠一農水相の失言(折込済にしても酷すぎだが、、)、容易に政権は吹き飛んでいたのではないか。
福田氏には絶妙のタイミングかも知れないが、広がりを見せるこの事件の全貌解明に国会が開かれていないのは無責任過ぎるし、

それだけではなく
→続きを読む

posted by kagewari at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

ロシアが尋常じゃ無い事になってる

事実上『プーチン帝政ロシア』になって暫くたって、危惧した通りにロシアの「旧ワルシャワパクトの回復」を意図した新拡張主義が武力とエネルギー政策を軸に表面化し出している。
南オセチアの軍事行動の云々は別にして(やっている事は米国と同じだって話は”まさにおっしゃるとおり”です)、この流れが世界の安全保障をどえらい形で流動化させてしまうのがヤバイ。

背景が本気で深刻だからだ、
ロシアの強硬さは”プーチンのマッチョなイメージに対する高支持率”を背景にしているのだから、その反対に「腰が引けた外交」をすれば支持率の急落だってあり得るんであって(こういうのって一時のイスラエルの主脳が置かれた立場に似ている)「できるものなら強行な戦術で外交を押し出したい」なるお家の事情が構造化してしまっている。

しかも、これだけロシアが強行に出られる事情のひとつは「米国の弱体化(構造的ドル安傾向と海兵隊本位制とも言える武力により通貨価値を維持しているともいえる危うさ=実は危機的経済を優先する形で軍は動いているのであって、決して安全保障政策を優先する形で動ける自由度を既に失っている)」であり、
もうひとつは『大欧州の不安定化』に他ならない。
現在EUは巨大な連邦制に近い政治的野心が加盟各国の中のむしろ小国から「国益にならない」と批准を国会で否決されていたり現在足並みが揃わない状態になっているのは明らかで(加盟国が多くなりすぎて国連みたいに意見の集約が難しくなっている)、これはダイレクトにNATOの弱体化であり、経済圏としてのEUに対する欧州内部の失望の現れと考えていい、
それだけでなく、足並みが揃わなければ軍隊も容易に動かせないのであって、現在ロシア側から見れば「EUに動かせる軍隊等無い」状態だ、

米軍の方は(英国も含めて)「次期政権は民主共和どちらもイラク撤退の方向」であるのだから、世論的にも海外での軍事行動に消極的だし、サブプライムの話で「経済に関してはそれどろじゃない状態」。
実際中国のチベットへの弾圧に対する各国の非難も”腰が引ける状態”で(せいぜい聖火リレーに抗議行動がある程度)、各国主脳のみなさん開会式なんかに(まっ人権問題注意しときましょうぐらいで)顔を揃える状態で、
 ↓
『グルジアは落せる』と見られてもおかしくなかった。
→続きを読む

posted by kagewari at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0