2008年03月31日

プロ野球開幕

流石に今、試合をリアルタイムで観るって余裕はないけれど、
自分で言うのも何だが長い事プロ野球観てきたので試合後のスコア詳報を確認して「ほーこういう試合だったか」とわかるようになっている。
稀にリアルタイム速報(ヤフーのネット配信は重くてイーモバでもロクに観られないんですわ)追っていると、次にどうなるのかなんと無く読めて、伊達に長いことプロ野球観ていないわと自画自賛したりなんだが(笑

それでも、わからんもんです。
今回驚いたのは「マネージャーとしての力量」って部分。
監督というとノムさん的な戦術家的要素に目が行きがちだけれど、”管理職としてのマネージャーの力量”って仕事がいかに重要なのか思い知らされた。

高田スワローズ3連勝ですよ

いかにもそれは往年のヤクルト黄金時代野村野球復活の号令でもあった、
しかしこれ元V9当事者でオーソドックな印象のある高田が、ノム的采配の人じゃ無いのは誰だって知っている。
(知性派って部分では共通項アリか)
それがどうしてこうなるのか?
今回の3連勝の立役者が宮本のキャプテンシーにあるのも、古いヤクルトファンなら誰でもわかる事で、今回はそういう話じゃありません。
ノムさんの愛弟子とまで言われた古田が(彼自身の”何か”が原因だと思うけれど)、一度も本気を出す事をせず(現在野球界からも逃避しているとさえ見える)、そのスタンスのまま監督をやって大失敗をした。

安部政権的な仲良し組みの「高津・石井」は去り、リリーフ木田への拘りも消え、大砲主義的大雑把な野球は一掃されて(かえってラミレスの移籍は好都合だった)、勝負弱いので一部で有名なガイエルは、掴み所の無いリグスの後ろで伸び伸びやっている(実質クリーンアップの中核は青木と宮本)。
「もうちょっとやれる人」と古田に”人扱い”で呼ばれた石川君は開幕投手に抜擢され、冷や冷やものだが結果を出した。問題児の藤井君(これ宮本サイド関係アリかな〜)のハムトレードも投手陣の一体化的には随分思い切った判断だったし『無茶なサード問題』は高田自ら引き連れてきたハムの人材でいとも簡単に解決した。
しかもこの3連戦、ノムさんなら奇襲と見せかけたり疑心暗鬼を誘う「左腕3連投」を、高田はキャンプ当初というかオープン戦の時から冗談半分に予告していて(そのとぼけた公開ぶりが逆に良かったように思う)、期待の左腕がオープン戦でボコボコに打たれた時にも涼しい顔していて、「若手にいい投手がいるんだよ、投手王国かも知れない」と結果を気にしてもいないそぶりだった。
続きを読む
posted by kagewari at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

中国の今後があまりにも心配

巷ではギョーザ事件の印象が大きいが、あれは中国全体の不安定要因の一因なんだと思う。
現在問題視されているチベットのデモ弾圧の背景にはこの辺の話がからんでいて
     ↓
亡命チベット人有力者、ダライ・ラマに異例の苦言
インドに亡命しているチベット人民間活動団体(NGO)5団体の代表者が17日、ダラムサラで記者会見し、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が北京五輪開催を支持していることに「失望している」と明言し、ダライ・ラマが唱える中国との対話路線についても「修正が望ましい」との考えを示した。
(2008年3月17日YOMIURI ONLINE)

パレスチナで言うところの亡きアラファトじゃないけれど、交渉可能なパートナーがいる時にしっかりした和平の形を進めなくちゃならないところで、そのチャンスを逃すと急進派含めて『チベット自治』の枠組みそのものを先に進める事ができないし、デモか過激になっても穏健派の発言力が後退するとこれがエスカレートするだろうし、今後人民解放軍武力制圧の可能性も否定できない。
オリンピック開催を控えて、中国政府が海外メディアを意識して若干弱腰にならざるを得ないとろがこのタイプの動きを後押しもしている。

でもって、この状況はチベットだけの話じゃないのだ、
デモも座り込みもご法度 中国・成都
5日付の香港紙「明報」によると、中国四川省成都市の公安当局はこのほど、庶民が政府機関に陳情する際の禁止事項を列記した通知を発表した。チラシ配布やデモのほか、座り込みなども禁じている。当局が社会不満の「はけ口」となっている陳情活動への警戒を強めている模様だ。
通知は4月29日公示された。プラカードなど文字による訴え全般のほか、ひざまずいたりスローガンを叫んだりすることも「社会秩序をかくらんする」として、強制退去や検挙の対象になるとした。
中国では、地方政府や裁判所などの対応に納得できない庶民が上級機関に訴える行為を「上訪」や「信訪」という。土地開発による強制立ち退きや医療制度の不備などから全国的に件数が増えている。
(2007年05月07日asahi.com)

続きを読む
posted by kagewari at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

クイズ嫌い

何が嫌いって馬鹿馬鹿しいからだ、
それを一番意識したのが中学だったか小学だったか記憶は定かじゃないけれど、テスト期間前に仲良し小集団で行われる「暗記問題の当てっこ」やら、「謎謎系のネタ」やら「引っかけ問題的ネタ」やら全般に嫌いなのだが、一番気にいらないのは「答えが決まっている」事だ。
当然ここは学校教育のテストなるもの全般に関わってくる、

この辺の話をなかなか面白く書いているブログある
『住まいの心理学』の方のRSSフィードしているWIRED VISIONの中にありながら全然気が付かなかった奴なんだが(無責任すぎるだろお前)、読んでみたら面白いんだよなかなか(笑
書いているのが法政大学社会学部准教授の白田秀彰氏なんだが1968年生まれという事もあって世代的に近いってのも俺が面白いと感じている一因かもしれない、
まー、そんなこんなで彼のエントリーから一部抜粋すると(かなり引用長いよ)
白田秀彰の「現実デバッグ」
教育制度批判 その前に
私は、「教育制度批判」のなかで、「受験に対応した学校教育はクイズに過ぎず、くだらないので止めて良し!」と断言している。私はそう信じているから。無意味なクイズ教育で破壊された子供達の将来と可能性を思うと、私は心が痛み吐き気がしてくるほどだ。その社会的損失を考えるなら、いち早く学校教育を停止したほうがマシであるとすら思っている。

おそらく、「ペーパーテストが公平だ」という思い込みこそ、学校教育のなかで我々に設定された洗脳だと思う。現在の学校教育制度では、ペーパーテスト向けの知識を伝達することにしか対応できていない。すると、学校教育制度を擁護したいと思う人たちは、学校教育制度が対応し得る評価軸である「ペーパーテストこそが最も優れた評価軸だ」と主張しつづけるしかない。もし、他の評価軸で人間の価値が測られるようになったら、学校という機構の価値は低下するか、あるいは無に帰すだろう。みんな気がついているでしょ? 学校での勉強の出来と、人生の幸福がまったく無関係であることくらい。むしろ、最近の学校は、人間を不幸にする制度になっていると私は思っている。

まず、言語で問題を書かれた紙を前に、言語を用いて筆記具で想定された正しい答えを記入する、あるいはマークする、という手法が、そうした種類の作業を得意としない人にとっては不利だ。またそれは、「想定された正しい答え」が正しいか否かを疑う、高い知性と哲学的素養を持つ人にとっても不利な作業だ。ペーパーテストで設定し得ない問題の解決能力が優れている人には、その能力を発揮したり反映したりする機会すらないではないか。

人間の平等と公平は、可能な限り人間の評価軸が多様化し、相互比較が極めて困難になることによって、初めて達成されると考える。人間の幸福のあり方が多様化し、それぞれがそれぞれの目標を、それぞれ達成するよう努力することが、多くの人間が共に生きるこの世を修羅の世から解放する唯一の道だろうと考える。私には、現在の学校教育制度が、私たちの人生の評価軸を極めて限定していく作用しかしていないように思われてならないのだ。だから、私は現在の学校制度を批判している。 まして、「同じ年代の全ての子供たちを同一のテストで一斉に評価するから平等だ公平だ」などというような入試制度を疑わない知的怠慢を批判する。
(2008/03/05)

これだけでも「おーわかってんじゃん」
とかなり共感大なるところで、
次のエントリーではより踏み込んだ発言となる
続きを読む
posted by kagewari at 03:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0