2008年02月26日

小泉が動きだした、

随分長いことゴルフ三昧だったらしいんだけれど
「まさかの坂」発言以来、久々に彼が動き出した
道路特定財源の一般財源化の話だ、
「野党の話もきかなくちゃいけない、首相の政治決断で十分合意が可能」ってな福田への揺さぶり(福田赳夫首相当時は若手のかばん持ちだった小泉だけれども、別段今の福田首相を子供だからと支持するような男じゃない)。

そしてその背後で、福田首相の支持率低下が「安部ちゃんに追いつきそう」になってきた。それも静かに揺らぐ事無く低下中、
自民系だと麻生への世論の支持がやはり強く(小沢より高い)、『政界再編カード』を持てば政局を動かす立場になれる事は誰の目にも明らかな状況で、この小泉発言は大きい、

そして又「何を考えているのか」も読みきれない(笑
この人生涯勝負師なんだろう、
昔の小沢なら「迷わず麻生を担いで、麻生新党連立政権→麻生総理」なんだけれども、そもそも小沢の福田首相との大連立政権は将来の民主単独政権の足場とするためなので、総簡単に麻生を担ぐなんて話はできないし(民主も割れるでしょう)、そもそも王道とも言える自民保守である麻生が離党するとはとても思えない。

小泉が動いても政局がねじれで硬直化しているのは変化していない
まさか「小泉チルドレン新党」は有り得ないだろうし(福田政権の時の動きと整合性が取れない)、必殺裏技に「武部新党(裏小泉別働隊)」もあるかもだが、、
それが成功するには「自民総裁麻生(武部自民分派との再連立を前提に麻生選出)+武部新党+前原新党」による新自民系与党とかの組み合わせの方がマトモっぽいが、今度は公明党が水合わないだろう(既に公明は保守党的立場から引っ込みつかなくなっている)、
そりゃー無理筋だわな、
当然そんな感じにきな臭くなれば小沢も「ほら今の福田と組んだ方が組しやすしだろう」って言葉にも説得力が出る。
続きを読む
posted by kagewari at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0