2008年02月26日

小泉が動きだした、

随分長いことゴルフ三昧だったらしいんだけれど
「まさかの坂」発言以来、久々に彼が動き出した
道路特定財源の一般財源化の話だ、
「野党の話もきかなくちゃいけない、首相の政治決断で十分合意が可能」ってな福田への揺さぶり(福田赳夫首相当時は若手のかばん持ちだった小泉だけれども、別段今の福田首相を子供だからと支持するような男じゃない)。

そしてその背後で、福田首相の支持率低下が「安部ちゃんに追いつきそう」になってきた。それも静かに揺らぐ事無く低下中、
自民系だと麻生への世論の支持がやはり強く(小沢より高い)、『政界再編カード』を持てば政局を動かす立場になれる事は誰の目にも明らかな状況で、この小泉発言は大きい、

そして又「何を考えているのか」も読みきれない(笑
この人生涯勝負師なんだろう、
昔の小沢なら「迷わず麻生を担いで、麻生新党連立政権→麻生総理」なんだけれども、そもそも小沢の福田首相との大連立政権は将来の民主単独政権の足場とするためなので、総簡単に麻生を担ぐなんて話はできないし(民主も割れるでしょう)、そもそも王道とも言える自民保守である麻生が離党するとはとても思えない。

小泉が動いても政局がねじれで硬直化しているのは変化していない
まさか「小泉チルドレン新党」は有り得ないだろうし(福田政権の時の動きと整合性が取れない)、必殺裏技に「武部新党(裏小泉別働隊)」もあるかもだが、、
それが成功するには「自民総裁麻生(武部自民分派との再連立を前提に麻生選出)+武部新党+前原新党」による新自民系与党とかの組み合わせの方がマトモっぽいが、今度は公明党が水合わないだろう(既に公明は保守党的立場から引っ込みつかなくなっている)、
そりゃー無理筋だわな、
当然そんな感じにきな臭くなれば小沢も「ほら今の福田と組んだ方が組しやすしだろう」って言葉にも説得力が出る。
続きを読む
posted by kagewari at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

そろそろプロ野球オープン戦ですよっ

小さいニュースだったので、あんまし知られていないかもだが以外とこりゃデカイよって話が先日発表された。
2008年度パ・リーグ全試合のライブ映像をYahoo!動画で
ソフトバンクの子会社であるG.T.エンターテインメントは、パ・リーグ全球団から2008年度主催試合のインターネット配信権を取得したと発表した。
また併せて、パ・リーグ5球団(オリックス・バファローズ、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、福岡ソフトバンクホークス)から、2009年度主催試合のインターネット配信権、および2008・2009年度主催試合のCS、CATV、IPTVの独占放映権も取得した。
(RBB 2008年1月25日)

そもそも巨人戦が全国中継されているなる現象が”共同幻想的保守主義”であるのは、明白なので、事実上社会における共同幻想崩壊過程で、構造的にそれがナンセンスになるのは自明で(美空はるみのようなビッグスターが消えるのと同じ現象)、社会の多様化・個性化の中でそういう保守的構造は後退していく運命にある。
それこそ地方におけるデジタルデバイドじゃないけれど、
共同幻想的保守性は地域格差と言っては何だけれども、地方の方にむしろ残るのであって都市部では相当以前から「TVのプロ野球で巨人戦?」な状況だった。

マスメディアに対して、サブカル的存在になっているネットの世界から見ていくとこの「パ・リーグ全試合のネット中継」ってニュースは見逃せない。
誰しも、パ・リーグのどこかの球団が昔の巨人みたいな全国的な人気を獲得するなんて思っていないのですよ。
だからこそニュースのネタとして「全球団」なるマルチな選択の提供にこそ意味がある。
プロ野球全体としてのコンテンツとしての価値を見出すもので、どこかの球団をメジャーにしようって意図はネットには最初から無いワケです。

この辺の話ってマジに何気に心理的な事に関係しているなるニュースも、、
続きを読む
posted by kagewari at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

実存主義と精神分析

精神分析の論議で欠かせない哲学思想に『実存主義』がある、
ここねぇよく勘違いされる向きもあるんだが、
精神分析的な位置付けにおける実存主義は、精神分析捉え方の中における”非常に有効な定義”の事で当然哲学的な意味を標榜している等そういう話じゃない。
「コンプレックス」って言葉が精神分析を説明する上で重要な概念であるのと同じような話。

実際この実存主義の概念なるものは、まー平たく言うところの「禁欲主義や快楽主義やペシミズムだのヒューマニズムだの道徳主義や伝統保守思想やら」何かこう”するといいよ”的なベクトルがある話じゃない。
wikiからそれをよく現している部分を引用すっと
人間の実存を哲学の中心におく思想的立場。実存(Existenz)の元の邦訳は「現実存在」であったが、九鬼周造がそれを短縮して「実存」とした。語源はex-sistere(外に立つの意)。
実存主義は、普遍的・必然的な本質存在に相対する、個別的・偶然的な現実存在の優越を主張する思想である(「実存は本質に先立つ」)。時間の流れの中で、いまここで現実に活動している現実存在としての「私」は、ロゴス的・必然的な永遠の本質を否定された自由な実存として、あらかじめ生の意味を与えられることなく、不条理な現実のうちに投げ出されたまま、いわば「自由の刑に処された」実存として、他者と入れ替わることのできない「私」の生を生き、「私」の死を死ぬことを免れることはできない。
のような生を、絶望に陥ることなく、いかにして充実させていくかが、実存主義にとっての課題ということになる。

(これだけでも面白杉だわな)

ま、言い換えると「そういう考え方」って事さ(笑
考える手法とか、視点とか”立ち位置をさす用語”だと考えてもいい。
その状況を発見ってか「気がついちゃった人」を実存主義者と捉えても遠からずなんだが、、
なんちゃら主義者の成立には、その気がついちゃった考え方を頻繁に利用する事を由とした人って背景が無くちゃいけないのは言うまでも無い。
が、しかしね、
精神分析的には、これに気がつく人格構造には特定環境みたいなんがあって、おおよそ気がついちゃう人は滅多にこの立ち位置のプライオリティーを低く見る事はできない。

とまーいうワケで実存主義的発見とは「精神分析的に何の事か」って話、
続きを読む
posted by kagewari at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

東京ゲロ模様

実際俺はまるでお酒の方は下戸なので(飲めと言われて飲めないワケじゃないが後で猛烈に気分悪くなるのがオチ)、この吐くまで飲んでしまう気持ちってのはよくわから無いんだが、どうやらついいい気持ちになって吐くまでレベルに達してしまうとの事らしい。
えー、つまり「この辺でヤバイ」なる判断が酔ってしまってつかないって話。

終電に乗るのが極当たり前の生活していると、「おっここ空いてんじゃん」とやたらと目立つ車両が時折ある。
まー限りなく、そういう車両は「ゲロ車両」なワケだ(笑
もうあれ、ほんと驚かない。
東京の深夜の電車や駅の風景にとってゲロは風物であって(これさぁ吸殻どうたらと同じ問題じゃね)、駅員さんも慣れた手つきでバケツでジャーなんだが、つい先日「かなり深刻なゲロ模様」に遭遇した。

張本人が車両中央の席で既に爆睡していて、カバンやら自分のスーツからゲロ自爆しているんだけれども、まパッと見「酷く酔っている」なる有様だった。
この車両が新宿駅に止まって、ここで一斉に満員御礼になるんだが、
この時後方に白いウールの帽子に厚手のサングラスという芸能人風のアンちゃんとケバイ姉ちゃんのカップルが乗り込んできた。いかにも悪そう(って何が悪そうなのか知らんが)な風体だったので、電車内に僅かに警戒感が広まっているのを端っこの窓際に立っていても感じたんだが、そんなこんなで新宿駅を出発して大久保でブレーキ踏んだときに「ドっスーん」とデカイ音がした。
既に電車は満員で何が起きたのやらさっぱり自分の位置からはわからないのだけれど、周辺の諸君は盛んに音の下方向を降り返っている。
「あー誰か酔っ払いが、あのゲロで滑って転んだな」と俺は思ったんだが、周囲の評価はそういう感じじゃないし、転んだ先でも「痛ェ〜」とか聞こえてこない。


「さて今日のその時歴史が動いた、その時がやってまいりました」
続きを読む
posted by kagewari at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

スモーカーズワールド

喫茶店で仕事していることが多いものだから、昨今の禁煙事情もよくわかる。
禁煙cafeや分煙が進んで、喫茶店といえども間違い無くタバコが吸えるって状況では無くなった。結果的に喫煙席では(吸えるところが少なくなってきているって事もあって)ここぞとばかりにタバコに火をつけるスモーカーどもの溜まり場の様相を呈していて、ほとんどの席でタバコの煙が立ち上っている。
禁煙派のあなたにはさぞかしおぞましい風景なんだとも思うんだが、喫煙派にも意図せざる共同体成立で若干苦笑ぎみなんであって、喫煙席とは言え「みんな吸うことないだろ」と思うほど吸っているワケだ。

たばこと言えば喫煙派にはもっぱら「休憩」とか、仕事のための「集中(過剰なイライラを抑えてリラックスさせるため:といってもそのストレスの大半がニコチン中毒だったりもするんだが、、)」とか、時間の繋ぎになっているのが大半なんだがあたかもタバコが目的になっているようにも見えて意地でも吸わなくちゃいけない場所ぐらいの勢いになっているかもしれない。
確かに幸か不幸か街中で喫煙するって状況はすっかりマイナーになっていて、禁煙派の運動の成果か「タバコを吸う風景」が一般的じゃ無い雰囲気は定着していて、
まー、喫煙なんてものが吸い始めた頃(当時中学生)のように「隠れてコソコソ吸うもの」みたいなことに”戻った”のかも知れないが、統計ではどういう事になっているんでしょうねぇ。何の統計って「喫煙本数」、
思うに、こりゃ喫煙機会の減少で随分と減っているじゃないかと表面的には感じるけれども、吸ってもいい場所になると(スモーカー達は吸う意志がそれほど無くても、駅のホームなんかで「喫煙所→」の文字を見るとこれそっちへ吸い寄せられるのも事実なワケで)ここで吸わないでどうするみたいなチェーンスモークになっている気もする。

その結果か、スモーカーにとってチェーンスモークは「何か考えている時」や「難しい話している時」が多かったりするので、ギリシャの哲人が浴場で語り合っているのとは大違いだが、喫煙ブースで煙が立ち昇る状況が「あれこれ難しい事考えている人が集まっている」かのように見えているのも事実(笑
続きを読む
posted by kagewari at 04:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0