2008年01月22日

カウンターと反動形成

「カウンターをあてる」これは強迫構造下に在るときに抑圧された自意識を起動させる手法のひとつです。
ま、そのまんまなんですが、
言うなら「カウンター思考をすると、その反対の思考が自意識のテーブル上に展開する」という話です。自意識の抑圧が無難に成立(構造化)してしまうと、この強迫の主体は元から無意識なので一見「なにげない日常」にも見えます。
しかし、実際のところは自意識が抑圧されるために思考や認識のかなりの部分に”(無意識なので)無自覚な”偏向フィルターがかかります。

この状況下だと、現実認知が本来そこにある現実と大幅に乖離してしまい、見当違いなストレスを感じでしまったり、他人の心理に対する”読み”みたいなものも何か劇場的な雰囲気であるかのように脚色されてしまったり、
ここの背景には”自意識が抑圧されている体感”という漠然として恒常的な不快感が漂っているので、過剰な被害認知と相まって誰一人思ってもみない”現実”にひとりで振り回されるなんて現象が起きるのです。
見当違いな人物に激怒してしまったり、
他人の特別他意の無い(挨拶程度の)言葉に、事実関係に存在しない尾ひれはひれが付いてやたらと被害感を感じてしまったり、
同様に、『自分自身で思いついたアイデア(想定外の自意識マター)を殊更大問題に感じてしまったり』、
のどかな自然の風景(人間社会だって所詮自然の一部です)が、何か殺伐としたジャーナーリスティックな(シドニー・ルメット監督作みたいな)激しく事件性のある「自分物語の舞台」にみえちゃったりして、

これ甚だ疲れる上に、肩凝っちゃうワケです。
(マッサージや整体が効果的なのはマジな話)

かといって強迫構造の正面には、トラウマにも似たデフォルメされた不快な記憶が背景にありますから、ここに自立的に切り込むのは難しい。
知識も無くダイブすれば自我がもたない可能性もある、
デフォルメされた強迫構造を仮想実現化してしまって、過剰なストレスを感じてしまう事だってある(この辺が臨床系からの精神分析への”誤解”と”無知”からくる批判なんかになったりする)。

何もそれほど難しく考える事無く、ここは心理学の王道でどんと構えればいいのです。
強迫的な認知の中で、このフィルター通過して動機形成が行われる現象あります。
これを『反動形成』って言うんですわ、
これ何かと言うと、誰もが強迫構造を前に潰されるようにダウン(これが鬱)するのでなく、それを満足させようと「誇大な欲求」を動機形成する事があります。
そりゃ人間「何一つ強迫等無い」なーーんて人はいないので(問題はそれが不快か否かって事なので)、この反動形成は誰にでもある現象で、

話をわかりやすくする意味で、強迫構造と絡めずにこの事例を説明してみると、
「カレー食いたい」と、駅前のカレー店へ、
倒産の看板(ここに自意識は無関係ですよね、なかば強迫的に食えないのと同じ)
「カレーへの食欲が抑圧」
そのまま耐えれば我慢って事なんでしょうが、そもそも腹減っているしそれじゃ気がすみません。
仕方が無いので、二軒隣のラーメン屋に
「チャーシュー麺ちょうだい、もうさチェーシューありったけ大盛ねっ」

断念され抑圧されたカレーと代替するために、「チャーシューがありったけ」になる。
簡単に言えばこんな現象です。

「僕寿司屋になろうかなぁ、、」
 ↓(強迫構造により抑圧)
「僕は、有名レストランのシェフにならなければならない」
コレ反動形成

ある意味、強迫構造のフィルターを通過するための法則でもある。
「極端、極大」
理由は簡単なんですよ、
強迫構造のコアはデフォルメ(現実と乖離しているイメージ)なので、これに対峙する上で負けないぐらい話を極端にすると”均衡しちゃうので”強迫構造そのものロジックが表面に浮上する、そしてそれを自分の自意識で確認する事もできるって話です。
続きを読む
posted by kagewari at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

気になる(8)

「ちょっと早いよ」な声も聞こえてきそうですが、
みなさん、アップ待ちだったネタが残ってたんですよ〜
これをアップしないのも又「気になる」って事で、連載で「気になる(8)」をお送りしますっ

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

kinibs02.jpg
嬉しいじゃないですか、あなたのペットが
「こ〜んな素敵なデッサンで」って、、
あ、あまりにもそのまんまな気も。。

まぁ、そこは堅い事言いっこ無しで、自慢のペットの肖像画なんかを頼む事ができるんですよー。ええええ、可愛いネコちゃんからワンちゃんまで、夢にまでみたデッサンで、そして油絵でって、写真そのままに描きます。

そ、そのままなら、写真をプリントすればいいような、、
う〜ん誰が頼むんでしょうか「一体なんの目的で」
いろんな意味で「気になります」。。



今度は素敵なアパートを紹介しますよー
画像がありますからね、さぁご覧下さい。
kiniabu04.jpg

お 洒落な名前じゃないですか、ね〜
「えー、アーバン・・・」「もぅぉやぁ、、(語尾上げ)」
ローマ数字だと、あの48は「XLVIII」だし、
そもそも48番って大杉じゃぁ。。

いえいえ実はこの番号は地番表記からきているらしく
「アーバン4の8」らしいんですね
にしてもですよ、これ住所書くにしても「アーバンW・[」、誰しもが何番目なのか、そもそも一発でこれ何番かわからなかったりして悩むような気も。
アパートのオーナーはよっぽどローマ数字が好きなんでしょうね〜
そのローマ数字が好きな理由が「気になる」ところです。


最近聞かなくなりましたね〜「UFO特版」
昔はエキセントリックなネタが年に数回はあって、この手の話に目が無い私は(どんな奴だっていうの、、)、えーもう少年時代はクギ付けで。
こちらはですね、仕事で撮影したマンションの外観画像なんですよー
kiniu01.jpg
これが定評ある企画会社のなかなかの秀作、
とてもしっかりした造りの「分譲キラー」なるタイプの、そうなんです賃貸マンションなんですよ。このマンションが、

え、
続きを読む
posted by kagewari at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「気になる」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

気になる(7)

さて予告どおり始めますよ「気になる」、
ってか、アップ予定だったんだけれども放置ネタ化していたものがありまして、これをブログ上で初の気になるとして公開しましょうと、こんなワケです。
HP・掲示板のモデファイもほとんど完了して「心理学テキストY」もようやくアップしています〜

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

さて、昨今「少子化」問題になってます。
だからどうしたって話には違いありませんが、ええ巷では”問題”なんですね〜
そんな現在社会にジャーナリステックに語りかけています
kiniHs01.jpg

あらなんて素敵な平屋店舗って、
そういう話じゃなくって、そのジャーナリステックな部分がこちら
kiniHs02.jpg
なんか富国強兵な感じもしますが、、
その是非はともかく、少子化以前の問題を何か語っているような気もするんですね、
もっと人生はワイルドなものじゃないのかしらと、
国で問題にするような話じゃないのじゃないでしょうか。
なんせ人口構成がどうのこうの、労働力化人口がどうのと話題になってますが、それじゃ一国平和主義と同じ事です。
今後の日本も気になりますが、
特別それを日本だと考えるのも矮小でしょう。経済学で考えましょう、求人があればそこに仕事があるんですから人も集まってきます。そこは軽薄マルチ主教国家たる日本のいいところで世界の”浮動票”を集めるってスローな方向性もあるのじゃないでしょうか。
それが豊かな経済で人が集まるって話じゃ心配ですが、デフレ以降のスローなこの国ですから、文化へのリスペクト(日本語を話せる)で面白おかしなサブカル系の人達が集うって事でワイルドな自然さってものが回復するならそれは幸せなんじゃないでしょうか、
石原知事のオリンピック誘致もそんな方向性(選手団の中から次から次と東京移住希望者が登場するとか)や、広報あってもいかなと思います。
続きを読む
posted by kagewari at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「気になる」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0