2007年12月12日

福田首相の支持率下落に歯止めがきかないようで、

ここは随分前の福田首相就任時のエントリーにも書いたのだけれど、そりゃ誰しもがそうなるだろうと考えていたように「そうなってきた」と言った感じでしょうか。
あれほど大騒ぎになった大連立ゴシップもサクっと収拾し(ここも7対5ぐらいの比率で”民主の宣伝効果の方が大きかった”と言えるのでは)、昨今の政治課題にこれといって打つ手の無い現政権の支持率が下がるのは自明の事だった。

政策課題で言えば、ここのところの有権者の意識は「防衛庁汚職事件」であり「薬害C型肝炎の枡添はどうよ」「安部ちゃんの”年金の3月”はどうなった」な話で「給油新法が国益」と判断している人の数は少ない。
「給油法案再議決」半数以上が反対
先月、撤収したインド洋での自衛隊の補給活動について「再開する必要はない」と考える人は50%で、「再開すべき」の42%を上回りました。
政府与党は、給油継続法案が参議院で否決された場合、衆議院での3分の2以上の賛成で再議決する方法で成立を目指す方針ですが、この考えに「反対」の人も5ポイント増えて51%で、「賛成」の39%を上回りました。
(中略)
福田内閣への支持率は「支持する」が先月より3ポイント下がり54.0%、「支持しない」が44.7%で、発足直後をピークに下がり続けています。
(2007年12月10日TBSニュース)

こりゃ当然世論調査なんてものは各社違うので他の会社はというと
自・民、互角32% 衆院選比例いま投票なら 本社調べ
「仮に、いま総選挙の投票をするとしたら」として聞いた比例区の投票先は、自民党と民主党がともに32%で並んだ。望ましい政権の形でも「自民中心」37%、「民主中心」36%と互角だった。
開会中の臨時国会で焦点となっている補給支援特措法案を巡る問題では、インド洋での自衛隊の活動再開が「必要だ」と「必要ではない」はともに44%で並び、11月の前回調査(43%対41%)に続いて拮抗(きっこう)した。補給支援特措法案に「賛成」は36%(前回35%)、「反対」は43%(同43%)だった。
一方、この法案が参院で否決された場合、政府や自民党は衆院で再議決し、3分の2以上の賛成で成立させることを検討しているが、再議決について「妥当だ」が46%で「妥当ではない」の37%を上回った。
(中略)
福田内閣の支持率は44%(前回45%)、不支持率は36%(同34%)で横ばい。政党支持率は自民31%(同31%)、民主23%(同24%)などだった。
(2007年12月04日asahi.com)

て感じで、自民が3分の2可決するのは驚かないが”歓心しない”。
選挙になれば自民・民主互角、
福田首相の支持率がじりじり下がるか、支持不支持の相対でじりじり悪化している
って事なんでしょう。
オマケ的には予想通り小泉チルドレンが「コガダ13に大騒ぎ」とか
なんだか段段と白けムードかも知れないっスね〜
「今の政府は暫定政権だからいいか」なんだけれども、
「民主なら本格政権か」、もね〜。。。
続きを読む
posted by kagewari at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0