2007年11月20日

やはり小沢でしょ、ここは

楽天イーグルスの社会人大学ドラフト(でかした長谷部指名!)の結果についても書きたいところなんだけれど、やっぱ小沢でしょう。
なんといっても、現在の政治状況は今後の日本の民主主義ってものを左右しかねない重要なところで、下手すっと対米関係すら大幅に新しいフェーズに移行するかも知れない。

そこで今の政治状況見てみると、
小沢辞任騒動が結果的に自民サイドの政権担当能力(議会運営上の)の無さを露呈させ、同時にそもそもこの報道を報道しているマスコミ関係者が裏でお膳立てしていたって(マスメディアの報道そのものに対する信用性の無さ)話が輪をかけて、意味不明のニュース番組のコメンテーターの「民主党は致命的な」なーんて話は的外れだった事がジワジワ浸透中(大阪市選挙結果なんかで)。
前回のエントリーに書いたとおり、あの騒動の「広告効果」は、というと。
327億円相当だったらしい
小沢代表辞意騒動メディア効果は327億円

予想通りに、「この効果を利用すればむしろ民主有利だ」な方向に話が流れ始めている。
大阪における選挙結果に見られるように、民主の支持率大暴落どころか「ほとんど無傷だった」という結果に官邸筋は”この想定外”を落胆しているどころか半端じゃない騒ぎになっている。
例の小沢記者会見の時の「衆議院選挙で勝つ(過半数)は難しい」どころの騒ぎではない、
自民・公明連立与党にとって、衆議院選挙は「給油新法案を通すためには3分の2の議席を維持しなければならない」からだ。
それも現役議員の相当数は、郵政選挙の時の小泉チルドレンでありこのまま解散総選挙となって後3分の2の議席数を維持できるのかって、そりゃ怖くて選挙もできない状態。

日米首脳会談の後(相当プレッシャーかけられたんでしょうに)
止むに止まれずに福田首相は再び「全野党に対しての党首会談申込」となった。
これで、先日の福田小沢会談の背景が世論にも浸透してくるでしょう、
そして同時に327億円の広告効果が民主の票に化ける。

いや実際にね〜、これからどうなるのかあまりにもこれまでの政治状況に無かった話なので、さっぱりわからないと言うか、福田首相の苦境は想像以上のものなんだろうと思う。続きを読む
posted by kagewari at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0