2007年11月04日

はてさてGoogle問題のその後

前記事はこちら
 ↓
http://kagewari.seesaa.net/article/62187409.html

ニュース的にはこの辺が出ているぐらいで、
 ↓
Google PageRank急落の原因は?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/01/news036.html
GoogleのPageRank急落でブロガー騒然
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/29/news023.html

「初音ミク問題」として始まったこの疑惑?は以前googleから公式的発表無く現在に至っている(ヤフーからは説明になってない”説明”はあったが)。
上記のニュースを踏まえてあれこれ考えてみると、
ここのとこ検索サイトの検索結果の背景には「海外のサイトから検索すると結果が違ってくる」とか「アダルトフィルターのON・OFFの結果がおかしい(ONの方が結果が多かったり)」等どうも検索システムには様々にぶら下がっている何かがあるらしく、
これ中国のマジな検閲にあるようなお国の事情を聞く現地法人とのからみがあって、後から全世界的に検索のアルゴリズムやらDATAベースやらの改変すると「後でどうなるのかわからない」状況になっている可能性があるのじゃないか?

それこそ2ch辺りで話題になった「陰謀説」辺りにしたって、検索サイトの信用が落ちるような自体になっちゃっているんだから、検索サイト側が「何らかのバグ」としてとっとと検閲フィルターを解除しちまう方が騒ぎの沈静化としては早道な筈なのに、問題そのものが一向に改善しない(部分的には人力で回復作業しているという噂も・・)現状から見ると、「陰謀」なんてーな憶測以上に問題は深刻でしょうに。
そりゃ基本システムにぶら下がる各種フィルター全てを本社が掌握しているとは言えないだろうし、現地法人のその対策がどこまで基幹システムの情報に影響を与えない方法で付与されるのかもわからない以上(機密保持上、現地法人の技術部門に本社が全ての情報を公開しているとも思えない)、あまりにも肥大化システムを前に既に全体の運用の精度が信用できないなんてーな事になってしまっているのじゃないか。

『現地法人の意向』なんてものでいろいろいじられてる事がおかしいのかもしれないけれど、昨今「検索サイト会社=広告会社」でもある実体から見れば、過剰な期待をする方がおかしいんであって、
現状OS売るのが商売のマイクロソフトのLive Searchの評価が俄然上昇する結果となった事も背景事情を考えればもっともな事でしょう。
続きを読む
posted by kagewari at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0