2007年11月27日

街で見かける風景

帰りと言えば、終電か始発ってのが実にあたり前な生活をしていると「駅で見かける風景」と言えばズバリ”ゲロ”だ(日本人の4割〜6割はマジにお酒を飲める体質じゃなかったりする)。
終電関係の遭遇率は東京の阿佐ヶ谷駅が一番頻繁で、つい先日の話だけれどちょっと”ゲロ関係なのに感動した”という話があった。

阿佐ヶ谷からの終電と言えば三鷹行きの1時12分なんだが、学生とは違う雰囲気なんだけれどかなりカジュアルな私服の友達3人組が阿佐ヶ谷駅に座り込む状態になっていた。
よく見ると真中の一人の男性がホームに突っ伏す感じで、その場で両手をついて吐いてしまっている状況で、ゲロ吐きにしても尋常な様子ではない。その左右を友人達(男性一名女性一名)がしゃがみこんで介抱しているといったぐあい。
そこに終電列車が今きますよ状況で駅員が歩み寄ってきた。

すると友人の男性を介抱している若い女性の方から
「ほんとに御免なさい、本当に具合が悪くて吐いちゃって」
駅のホームでゲロなんて終電間際じゃ珍しくもない風物詩で、ゲロを謝る人を見たのも初めてで、これだけでも少々驚いた(しかも彼らはお上品なミドルエイジでも無い)。
すると駅員は、
「いい、いいってゲロなんかいんだから、それよりおたくどちらまで?次三鷹行きの最終だけど(乗れる?か、阿佐ヶ谷で降りるのでいいの?)」
その後も彼女は名にやらその駅員に説明していたようなんだけれど、
俺はこの風景を見て、正直感動した。
なんていうか、今時の若い女性が友達のゲロを謝罪して、駅員はゲロなんかいいから(彼がバケツ持って掃除するだろうに)君たち帰れる?と心配している。

「素にかえった人間、まだまだ捨てたもんじゃないな」
何故かそんな事を感じた。
続きを読む
posted by kagewari at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

やはり小沢でしょ、ここは

楽天イーグルスの社会人大学ドラフト(でかした長谷部指名!)の結果についても書きたいところなんだけれど、やっぱ小沢でしょう。
なんといっても、現在の政治状況は今後の日本の民主主義ってものを左右しかねない重要なところで、下手すっと対米関係すら大幅に新しいフェーズに移行するかも知れない。

そこで今の政治状況見てみると、
小沢辞任騒動が結果的に自民サイドの政権担当能力(議会運営上の)の無さを露呈させ、同時にそもそもこの報道を報道しているマスコミ関係者が裏でお膳立てしていたって(マスメディアの報道そのものに対する信用性の無さ)話が輪をかけて、意味不明のニュース番組のコメンテーターの「民主党は致命的な」なーんて話は的外れだった事がジワジワ浸透中(大阪市選挙結果なんかで)。
前回のエントリーに書いたとおり、あの騒動の「広告効果」は、というと。
327億円相当だったらしい
小沢代表辞意騒動メディア効果は327億円

予想通りに、「この効果を利用すればむしろ民主有利だ」な方向に話が流れ始めている。
大阪における選挙結果に見られるように、民主の支持率大暴落どころか「ほとんど無傷だった」という結果に官邸筋は”この想定外”を落胆しているどころか半端じゃない騒ぎになっている。
例の小沢記者会見の時の「衆議院選挙で勝つ(過半数)は難しい」どころの騒ぎではない、
自民・公明連立与党にとって、衆議院選挙は「給油新法案を通すためには3分の2の議席を維持しなければならない」からだ。
それも現役議員の相当数は、郵政選挙の時の小泉チルドレンでありこのまま解散総選挙となって後3分の2の議席数を維持できるのかって、そりゃ怖くて選挙もできない状態。

日米首脳会談の後(相当プレッシャーかけられたんでしょうに)
止むに止まれずに福田首相は再び「全野党に対しての党首会談申込」となった。
これで、先日の福田小沢会談の背景が世論にも浸透してくるでしょう、
そして同時に327億円の広告効果が民主の票に化ける。

いや実際にね〜、これからどうなるのかあまりにもこれまでの政治状況に無かった話なので、さっぱりわからないと言うか、福田首相の苦境は想像以上のものなんだろうと思う。続きを読む
posted by kagewari at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

ま、小沢でしょうここは

しかしここのところ大騒ぎだったわなぁ
TVへの露出と広告性から見ると民主と小沢は100億近い得したのでは?
各局生放送で、ほぼ全局なんだから視聴率も事実上「総合100%」なんだしね。
ここを見当違いして、民主も終わりだみたいな解説している評論家は頭がどうかしている。確かに「今後小沢がどう動くのか次第」ではあるんだけれど、昨日の記者会見における緊張感(何言い出すんだオイみたいな)、これは今主導権が小沢にあるって事でしょう、
事実自民党には民主参議院を前に手詰まりであって何ら政治的勝利をしたのでもない。

巷では「これでテロ新法(鳩山法相を取り締まる法じゃネーよ)参議院否決→衆議院再可決」が容易になったなんてトンチンカンな事言っている人もいるが、自民から小泉新党(この前山本一太と竹中が立ち上げた研究会)が離党すれば衆議院の3分の2の再可決の数が足りなくなるって内部の発言力はより増すって事。
今度は福田を担いだ「新YKK」なる(中心人物は古賀と旧野中派とも言える)ところがすっかり置き去りにされた(笑
まー、元々福田担ぎの時点で小泉と森にひっくり返されて現在福田は正式所属の森(町村)派の人といって間違い無いんだが、小沢に連立持ちかけた動きに森が中心人物のひとりとして関わっているところ見ても、そもそも今回の連立騒ぎも森(町村)派主導である事がわかる。

ナベツネにいたっては(この人の妄言を本気で聞いている人はいないでしょう)、その中でやたらと自分を主役だと勘違いするオメデタイ人として関わっているのであって(結局自分ところの新聞で小沢おろしをしてしまって今回の騒動は自爆テロみたいな体たらくなんだし)、この人中心に考えると全体像が見えない。
そもそもの始まりは、勝負師小泉の「上り坂下り坂、政界にはまさか(連立)という坂がある。民主党は今や清和会(森(町村)派)の協力政党(自民内部の野中残党より)ですよ」発言以来始まっている。小泉はそもそも小沢を買っているんじゃなくて、小泉ラブコールなのは”いろんな意味で(笑”民主前原(第二の安部)なのはみなさんご存知のとおり。
※「小泉さんはまさかの坂と言いましたがボクシングの世界には赤坂(TBS)って坂もあります」と言ったのはガッツさん

今回の登場人物は『全員思惑が違っていた』
・政局の主役だと勘違いしているナベツネ
・清和会の日本完全制覇を夢見る森
・安部や前原等の若手保守主義者を担ぎたい小泉
・ノムさんよろしく「常に最悪のケース(衆議院選挙での敗北)」を考える小沢
・「テロ法を政局にするな、民主には政権担当能力が無い」と言いながら、「話し合いはけしからん、正々堂々と選挙で戦え(=テロ法を政局に使い解散に追い込め)」と支離滅裂なマスコミ(CXにいたってはついこの前まで、テロ法で話合いをしない民主を思い切り政権担当能力が無いと評論委員が非難している)
・小沢の記者会見の時にも本社からの指示なのかナベツネからの指示なのか、携帯電話のモニター見ながら「捏造報道を撤回しろ」と気色ばむ読売の記者
・他局(日本TV)が関係するのか、ナベツネへの追求がやたらと甘い各局
・参議院の勢い(半分は安部批判票で本当の実力じゃないから)で、解散すれば本気で衆議院でも勝てると思っていた地元にも帰らない民主の若手議員
・マスメディアの垂れ流し報道で、民主はケシカラン、小沢の裏切りだ等見当違いの発言する「街の声(まーこれも半分捏造報道だろうけど)」
・仕掛けには何ら関わっていないのだけれど、「これで憲法改正か」と気色ばんだ全く関係ないのに嬉しそうにあること無いこと「永田町よもやま話」みたいななのをリークし続けたお門違いの自民の議員
・おそらく福田(と小沢)になんやかんやと圧力かけたアメリカ

つまり日本全国(一部US)”迷走”したワケだ。
続きを読む
posted by kagewari at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

はてさてGoogle問題のその後

前記事はこちら
 ↓
http://kagewari.seesaa.net/article/62187409.html

ニュース的にはこの辺が出ているぐらいで、
 ↓
Google PageRank急落の原因は?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/01/news036.html
GoogleのPageRank急落でブロガー騒然
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/29/news023.html

「初音ミク問題」として始まったこの疑惑?は以前googleから公式的発表無く現在に至っている(ヤフーからは説明になってない”説明”はあったが)。
上記のニュースを踏まえてあれこれ考えてみると、
ここのとこ検索サイトの検索結果の背景には「海外のサイトから検索すると結果が違ってくる」とか「アダルトフィルターのON・OFFの結果がおかしい(ONの方が結果が多かったり)」等どうも検索システムには様々にぶら下がっている何かがあるらしく、
これ中国のマジな検閲にあるようなお国の事情を聞く現地法人とのからみがあって、後から全世界的に検索のアルゴリズムやらDATAベースやらの改変すると「後でどうなるのかわからない」状況になっている可能性があるのじゃないか?

それこそ2ch辺りで話題になった「陰謀説」辺りにしたって、検索サイトの信用が落ちるような自体になっちゃっているんだから、検索サイト側が「何らかのバグ」としてとっとと検閲フィルターを解除しちまう方が騒ぎの沈静化としては早道な筈なのに、問題そのものが一向に改善しない(部分的には人力で回復作業しているという噂も・・)現状から見ると、「陰謀」なんてーな憶測以上に問題は深刻でしょうに。
そりゃ基本システムにぶら下がる各種フィルター全てを本社が掌握しているとは言えないだろうし、現地法人のその対策がどこまで基幹システムの情報に影響を与えない方法で付与されるのかもわからない以上(機密保持上、現地法人の技術部門に本社が全ての情報を公開しているとも思えない)、あまりにも肥大化システムを前に既に全体の運用の精度が信用できないなんてーな事になってしまっているのじゃないか。

『現地法人の意向』なんてものでいろいろいじられてる事がおかしいのかもしれないけれど、昨今「検索サイト会社=広告会社」でもある実体から見れば、過剰な期待をする方がおかしいんであって、
現状OS売るのが商売のマイクロソフトのLive Searchの評価が俄然上昇する結果となった事も背景事情を考えればもっともな事でしょう。
続きを読む
posted by kagewari at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

前回「昨今の一般社会の常識はどうなの?」的話の続き

前回はプロ野球の世界における「サラリーマンエリート的フロントな人は大丈夫ですか〜?」な話だったんだけれど(笑
さて、この話の続きになりそうなニュースがありましたよ。
2chねらーから人材募集 ドワンゴと応募者の“本心”
これ本気で「マトモに求人しても人材が集まらなくて困っている」な事情から始まっていて、このニュースで一番笑ったのは
今回の成功を受け、2次募集を始めた。「17〜22歳」としていた年齢条件に「0x17〜0x22歳」を追加して大幅にハードルを下げた。初回募集時の「日本語で十分コミュニケーションが取れる方」という条件が「世間一般より高いコミュニケーション能力が必要なのでは」という誤解を招いたため、「日本語でなんとかコミュニケーションが取れる方」に変更し、間口を広げた。
なところか。(ITmedia2007年04月13日)

どうにもことほど左様に現代社会は”表面上社会適応している階層”そのものが偏った人格である事を意味しちゃうので、クリエイター系の人材や『即戦力』として考えると「ちょっとな〜」なのが企業の側でも認識され始めるんじゃないの(ドワンゴは最初から思い切りネット系企業だから)と、そんな流れも予感させる。

現在「団塊退職期」って事で、企業の人材枯渇は甚だしくてどうも景気回復は中途半端なまま大学生の求人募集はドエライ事になっているらしいんだけれど、
「人事の方、新しいアイデア考えてみてはどうですかー」と。
しかし、その際にはその企業の人事管理のノウハウが旧態然としていれば折角の人材を使えずに流出させるだけだろうし、
国際競争力なんて実体があんのかないのかわからない話だけでなく、企業の存続ってものを考えると(そう考えると西武の「渡辺Qと大久保」はそれなりに大冒険なのか。。。)そういった先見性が、現代企業における最優先の生命線なのかも知れないっスよ。
posted by kagewari at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

ヤクルト新体制と西武

さあ、イマイチ盛り上がりに欠けた日本シリーズも終わってプロ野球界も来期の話に注目集まってくるところですが、
古田監督辞任(印象的には解任にも近いか)を受けて水面下で進んでいた日ハムGM高田氏との交渉も無難に進んで、「高田体制発足」と、
コーチ陣含めて完全な発表ではないと思うのだけれど、注目すべき人事があった。
打撃コーチの大田卓司だ、
この人ご存知旧世代西武(最後の西鉄キャラ時代)の往年の4番バッターで、しかも打率もホームランも目を見張る事無く、その迫力と勝負強さで”4番を張る”な雰囲気のやたらとカッコいい野球選手だった、
イメージ的には水島漫画のキャラのような、野武士のような人で、これが人柄や風貌じゃなくて「バッティングフォーム」で表現されるという本格派の人物。
当然以前西武のコーチ経験者でもあるんだけれど、この人材が引っ張ってこれたって(韓国でコーチしていたらしい)ヤクルトにルートがあったのか、巨人以降パリーグの人だった高田新監督のルートなのか、これは抜擢でしょう(時々臨時コーチしている中西さんかもしれない)。
今期どえらい低迷したヤクルトにとって、未だ野村IDが完全に消え去ったワケではないのだからこの大田コーチの加入はいい刺激になるのじゃないかしら。
個性的なバッティングフォームの選手だったし、どちらかと言えば優等生タイプの選手が多い現ヤクルトにうまくはまれば大当たりするかも知れない。

まー実際、今期のプロ野球を見る中で「セリーグのイメージ低下」は著しくて、どこから見てもパリーグの方が先に進んでいる事は間違いなくて、セリーグの中でも改革派的チームだったヤクルトの活性化に期待大。

えーっ、しかし皮肉な事に現在西武ファンの間では悲観論が蔓延しております。。
伊東を切るってのは他球団のファンから見ても「どうして?」と疑問残ったものだけれど、まさか「伊東の後任が渡辺Qで、バッティングコーチが大久保」という、あまりにも痛い人事でコアな西武ファンの良心とでも言うべきコアなファンがすっかり遠い目になっているところ考えると、

『サラリーマン出向系フロントがねぇ』続きを読む
posted by kagewari at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0