2007年09月27日

本気で自民党はヤバイ状況に

福田政権となりまして、世論調査の支持率なんぞがニュースになってますが、福田首相の登場は=自民の危機になるのだろう。
これは何も福田氏を中傷するとかそういうものではなく、この福田氏自身認めているように「自分からなりたいとかそういう人ではない」からだ、
これまでも『神輿を担ぐ』なんかの表現で傀儡政権を批判された事はある(田中派支配時代)けれども、『担がれないと首相になる気が無い』人物が首相になるのも珍しい。

とにかく記者会見で目立ったのは「それを、そのように」「その問題をですね、ええそれが大事だと」「そんな経緯で野党民主党さんとも、その関係の」これだけ具体的に何も言わない記者会見も珍しくなかった。
確かに彼が、派閥関係の横槍で言いなりになるような玉じゃないのはご存知の通り。
小泉チルドレンがビビッて鶴の一声で福田支持に回った理由=麻生幹事長の選挙における公認問題を、平気で反故にするような「麻生幹事長」を一時本気で考えたり、頼みもしないのにやたらと福田擁立に熱心だった「反小泉・新YKK(加藤・古賀・山拓)」を厚遇したワケでもない。平然と自分の所属する町村派(旧森派)を中心に政権構想を練っているのだし(この主導権回復に小泉の鶴の一声は効果的だった)、「反小泉・新TKK」が期待したような政策転換も起きないだろう。同時に、安部政権をほぼ引き継いだので同様の金の問題が表に出ても、「安部政権の宿題が残っていた」ぐらいに、容易に批判をかわすのも彼にとっては難しい事でもない。

しかし、致命傷がある。
元々やる気が無いのだから(笑、安部政権のように(その良し悪しは別にして)「美しい国」じゃないが、何のために首相になるのかって野望や理想が彼にはどこも無い。まるで戦後処理をしにきた臨時内閣でもある趣で、「なんとなく知らない間に福田政権で党内世論がまとまってしまった」今回の自民の”静かな暴走”は、つまり「自民が末期的な状況」である事を意味している。小泉が「自民党をぶっ壊す」と言ってそれはまんまと成功した。
一時反小泉が派閥の思惑で福田政権を志向した動きも、容易に小泉チルドレンの動員で主導権を森中心に引き戻し、安部の謝罪記者会見で一時風評で傷がついた麻生の名誉も回復した、
結果福田は「派閥のみなさんの票はたいした事無いですから」とか「麻生さんの協力も必要ですから」や「若手(小泉チルドレン)の意見も重要ですしね」と、裏からの圧力にもいかようにも対処できる。(そういう意味では麻生が閣外に出た事は福田にとって有利でしょう)
結果小泉の派閥潰しによる自民崩壊は成功しているワケだ、
ところが、小泉のシナリオは壊した後の再生は”安部の美しい国で”だったのであり、安部ちゃんの「僕は何か嫌になっちゃったんです辞任」によりここが完全に空洞化した。
麻生ならまだ目もあっあけれども、福田には『何ら旗印が無い』、
「壊した挙句に空洞化した」と見るのが自然、
続きを読む
posted by kagewari at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0