2007年09月21日

古田引退

本人も記者会見で話していたけれど、思ったとおり球団からは慰留されていたらしい。
「いつ彼は本気を出すのだろう」と同じ年齢という事もあって何回か彼の記事を書いてきたけれど、残念な事にヤクルトスワローズ古田PMが引退・辞任する。
PMと言う形で、監督を引き受けている以上『監督辞任・選手は現役』という事は到底無理だし、彼自身選手としては今年の頭で既に引退を決めていたというのだから彼の希望としても在り得ない事だ。
師匠でもある現楽監督、鶴岡さんともめて(この時も夫人であるサッチー問題)南海のPMを追われ辞任した後に「生涯一捕手」の名言とともに西武ライオンズで捕手として現役を続けた(この時のノムさんのヘルメットが後に清原の愛用のヘルメットとなる)ノムさんとは大きく選択が違った。
一番残念だったのは、古田の右肩の故障だった。
監督としても何も彼ほど捕手として優れた選手は戦後いなかったし、捕手としてなら野村以上であった事も間違い無い(打者・監督としては数段野村が上だったが)。

「捕手古田」これが見られなくなるのが何より寂しい。
それもあって彼のファンは監督をやるにも”必ずPMで”と思ったものだ、理由は捕手古田がそれほどまでに魅力的であったし、捕手の晩年が肩の衰えを隠せないにしてもノムさんの45歳って年齢を超えるぐらい彼ならできるんじゃないかとも思えていた部分もある。
しかし、古田はノムさんの息子であるカツノリが指の脱臼と肩の故障を抱えながら(そもそもバットも振れなければセカンドに投げるのもやっとの有様で)楽天ファンからもヤジとブーイングの中でも一シーズンマスクを被ったのと違い、偉大であるが故に肩の故障をおして試合に出ることは無かった。
今でこそ楽天ファンは藤井の正捕手は無理、頼むからキャッチャーは島で(打てなくてもいいから)な状況の中、藤井より勝率の良かったカツノリを起用したノムさんの起用が身贔屓じゃなかった事を理解しているけれども、当時のヤジは酷いものだったと聞く。

そりゃ今でこそ「捕手古田が見たい」って声は大きいが、打てない盗塁もフリーパスな状況でシーズン当初から古田がマスクを被っていれば、神宮でもさぞかしヤジが飛んだだろう。
ノムさん的に言えば「ええかっこしい」って事にんるんだろうけれど(ノムさんは交流線の時にも盛んに「ヤクルトはキャッチャーが問題(=古田がマスク被るべき)」とコメントしていた)、同世代の立場から見ると古田の気持ちもわからないでもない。
引退会見で、古田は「PMが難しいとは思わないけれど、バリバリの30代でやれたらよかった」ともコメントしている。つまり、選手として衰えた状態で監督の立場のままマスクを被る気持ちは彼には無かったのだろう。

しかし、配給だけで見逃し三振を連発し、ホームランバッターでもないのに一試合4打席連続ホームランを打ったり、これだけ他人にできない芸当を見せる選手は他にいなかった。
長嶋王の全盛期を見る事無かった俺の世代としては、清原桑田江川イチロー野茂以上の選手としてこの古田の存在は「江夏並」だったので、それも今年で最後かと思うとやはり寂しいものがある。
監督としては(どこまでか監督としての采配なのか見えなかったのも不満だったが)、「なんで?」な事が多すぎで、古田が本気出す(自分自身で野球が好きだと本気で認めるまで)まで
まだまだ時間がかかるだろうと正直思ったので、一度外野席に出るのもいいのかもしれないと思う。
続きを読む
posted by kagewari at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0