2007年07月31日

参院選に見る社会構造の変革

小泉300勝の時と流れは全く同じで、今回の民主圧勝に驚く部分は無い。
そりゃやる前から民主の独り勝ちは目に見えていた、
結果的にはジャスコ岡田時代から年金関係の政策で”負けても”政策論で選挙を戦った実績は小泉の郵政と同じで当事者意識のある意見として認められたと考えていい。
選挙に際して消費税の増税がナシになるなど一部にグズグズした部分があったなんていうのは瑣末な事で(それが小泉の郵政法案の内容にそのものには極端に拘りが無かったのと同じ)、小沢は小選挙区制の導入の時にも、とにかく小選挙区制ありきで当面内容は少々ボロでもいいと、こういった政治の駆け引きがわかっている人物の判断であって今回の民主の場合には年金の一元化が最も重要なのだから消費税云々はどうでもいい話、

同時に小泉の郵政政策の内容には当時の有権者も関心が無かったように(あれは旧経世会と小泉の闘争であることは誰だってわかっていて小泉の”自民党をぶっ壊す”に有権者は一票入れたワケだ)、今回の民主独り勝ちも小沢が支持されたのではない。
今回の選択は民主の官僚政治の打破(社会保険庁の解体)にかける期待が勝った事になる。
現実民主の支持母体には労組もいるんだけれども、
小泉がそうであったように、
これだけ多数の有権者の付託に答える(それだけの非労組議員の数も増えた)って構造そのものが、労組に配慮して腰砕けになる部分を抑止もする。

この国に民主主義なんてー代物がようやく機能し始めてきているのは事実で、
小沢的にはこの流れで衆議院解散→一気に政権交代、となれば自身で政治生命かけて築いてきた二大政党への道を確かめて彼も安心して引退できるって事でもある。

さて、安部ちゃんの敗因は?
こちらも明快だ、
小泉の勝因は「自分の主張を明快にした闘争」って部分で(なんせ前回の選挙の敵は民主ではなく自民の郵政反対派だったからね)、事民主主義において当事者意識が明快な事は最も重要なのに、安部ちゃんは「何をもって戦っているのかさっぱり見えなかった」、
はっきり言えば彼は手を抜いた、或いは逃げた。
この印象の悪さが最大の敗因となった、
ガーゼ赤城なんてたいした理由じゃないのよ、
むしろガーゼ赤木は『そんな逃げ腰の象徴』だったと見ていい。
小泉は安部ちゃんに配慮するぐらい極端なまでに気を使って自分の政権の時には憲法改正を前面に出さなかった。この仕事は安部の悲願だし、憲法改正の偉業は彼に相応しいと小泉は思っていたのだろう、
そして実際安部ちゃんの本音は「憲法改正」只一点だ、
小泉流にいくなら、安部ちゃんは憲法改正の足引っ張る奴は切って捨てるぐらいの実行力を見せるべきで(憲法改正の是非はともかく)、勝つにしろ負けるにしろ今回の選挙の争点は『憲法改正』でなければ安部ちゃんの当事者能力が疑われたのは折込済みだったと言っていい。
(憲法改正がどうでもいいなら福田首相でも良かった)

ところが、安部首相は当初から憲法改正を隠した。続きを読む
posted by kagewari at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0