2007年07月20日

人類普遍の問題として考えてみる

とにかく人類は動物学的に見て特異な存在だ。
ミッシングリンクの話をしようとは思わないが、生殖・行動様式・容姿・進化のプロセス、何処を取っても『サルの進化としては失敗作』としか言えない不可思議な特徴を持つ。
ここで、動物学的な云々を書くつもりはないので(笑
その特徴から類推される人類に普遍的な心理学的問題なる部分に焦点を合わせたい。

心理学的に捉えるなら、「他の動物と比較できなほど肥大化した性的ストレス(年中性交可能な哺乳類はほぼ人類だけ)」「オーバークオリティーのロジカルな処理能力(肥大化した頭はは幼児の自力活動能力を失わせているほど)」「野生で自給自足するには著しく身体能力や装備(毛皮)が劣る」「その結果文明との共存無しに独立して生存する事それ自体が難しい(本来の動物なら早々に動物園的環境から脱出して自然に還る事がハッピーエンドなのに人類の場合ドロップアウトとか落伍者等に分類される)」等々枚挙にいとまが無いが、アブノーマルな生物であるのはガチで間違い無い。

そんな人類特有の普遍性を”前提”にこれを心理学テーマとして(避けられないんだし)考えていかなければここはしょうがないんであって、
『落しどころとして、どうしたものか』ぐらいに考えてもちょうどいいぐらいだ、
そんな厳しい環境(人類が人類である事)の中で決定打とも言えるのが『動機形成』だと言える。
つまり、心理学なるものは動機形成の学問だと考えて間違いじゃない。
続きを読む
タグ:動機形成
posted by kagewari at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0