2007年05月26日

ヤクルトが酷いね

このブログでもプロ野球ネタとして何回か書いてきた事なんだけれど、野村監督ファンとしてヤクルト阪神楽天を見てきた人間としては、古田の存在だけでヤクルトだけはその後も応援してきた。
若松体制の時には、早期に古田PMをとも期待していたひとりで、その理由は「古田が本気を出すところを見たかった」からだ(同世代って事もあって)。
野村阪神が例のごとく中途半端なまま星野体制になって(でもここの委譲は野村と星野が知った仲なのでスムーズだった)「ちょっとそれだけは、、のドンデン監督就任以来」興味を失ったけれども(阪神ファンの中にも野村時代の野球が面白かったとする意見も多い)、そんな理由でヤクルトだけは贔屓目に思っていた、

ところが

野村時代から古田と野村は必ずしも人間関係として良好って事は無かったんだけれども、そんな理由が現状のヤクルトに見えてきた気がする。
なんせ最近忙しくてTVを見るなんて事も無く、プロ野球もヤフーあたりの1球実況中継なんかでチラッとモニターしているぐらいの身なんだが、それでも「おかしい」とわかる。
古田には常にどこか剥き出しの気持ちを隠すっていうか、前々から気になっていた事がある。彼の黄金時代に「古田4番」を期待しないファンはいなかったし、どこのチームもも古田の活躍如何にヤクルトの優勝が関わっている事を疑う者はいなかった。
野村監督当時には監督サイドからの強いプレッシャーもあってそんな古田の力が実働してきた反面、野村監督が消えて以降精彩を欠いていたというか「これ若松が原因か」とも思っていた事がようやく見えてきた感じがする。

最近の古田の活躍というと、あのプロ野球ストライキ騒動の時だろう。
この時間違い無く古田には外部から強いプレッシャーがかかっていたし、古田のプロ野球への思いも十分表に剥き出しになっていた。そして彼の成績もこれに比例した、
しかし彼がPMに就任してから以降、その精彩は消えた。こりゃ一体なんだろうと、
元々古田の野球感で心配だったのは、「メガネをかけている(これは彼のドラフトの逸話として有名だけれど)」事もあって、大学進学時に一度野球を諦めたとこに発する(彼が野球推薦枠じゃなく正規の受験で大学進学したのも有名な話)。
彼は大学進学後、関係者の尽力もあって再び野球界にもどってくるんだけれど、当時から彼はメジャーリーグ好きで(仲良しの石井や高津の渡米にも関係あると思う)日本の野球界そのものに一種淡白な(野球そのものには貪欲)ものがあったのじゃないか。そんなメジャー志向が野村と最後まで「師弟関係というよりライバルであった」背景でもあったように思う。

彼のPM就任後の特徴は明快だ、若手を育てるというよりメジャー系選手の重用、メジャー系といえば外国籍選手枠を目一杯使ったり、移籍組みであるメジャー帰りの石井高津木田の多用も同じ。その間最後の灯火のように残ってきた野村ヤクルト全盛期当時の細かい野球は消えた。続きを読む
posted by kagewari at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0