2007年05月02日

フリーター志向にストップがかかったらしい

社会経済生産性本部(ってなんの組織かよくわからないんだけれど)の調べによると、同本部主催の研修に参加した新入社員に実施している意識調査のDATAに変化が見られたって話。
「フリーター生活も悪くない」って回答が、90年の53.7%を頂点に今年の調査で過去最低の26.4%に半減したとの事。
同時に正社員志向が強まり、
「今の会社に一生勤めたい」の回答は過去最高45.9%で、「チャンスがあれば転職してもよい」の34.4%をも上回る結果となった。
(※引用asahi.com2007年04月25日『「フリーターも悪くない」過去最低に』要約)

過去最低に過去最高って当たり前だろっ(笑
フリーター志向が半数上回るなんざ、英国のサッチャー前パンクの時代じゃあるまいし水ぶくれもいいとこで、「企業がバブル期を上回る新卒の積極採用(上記同記事から)」という小泉景気の結果を受けての結果としてはむしろ「26.4%ものフリーター志向が残っている事の方が異例」だろう。
※それこそ団塊が警告した格差だ勝ち負けだってのが短期的なペシミズムであった証明で、そのペシミズムの背景が昔馴染みの左翼思想へのノスタルジーだった事も同時に論証しているようなもんだ、

話はこの異様な26.4%”もの”フリーター志向と、同時に異様な34.4%”もの”転職志向に話を戻してみよう(笑
歩留まり的に、一度拡散した不安後にもこれだけの独立志向が残ったのは一部文化人類学の判断にも疑問を残す結果とも言える。
一部の文化人類学では、アメリカの分析として「黄金の50年代」的な経済成長の夢が挫折した以降ベトナム戦争に代表されるように退廃に歯止めが利かないのじゃないか(経済成長のモデルを失うと市場主義経済国は「崩壊過程に」なんてな分析)って不安感をもたせたんだけれども、この辺昔デフレ論でも書いたんだけれど、豊かさの実感は成長の夢(日本でいえば高度経済成長)で担保されるのではない。その判断には誤解が含まれているからだ。
市場経済型の国家において成長の夢が担保するのは、保守的社会システムの維持の事であってこれは豊かさの実感と比例しない(高度経済成長期のハードワークと小さな家)。むしろデフレを迎える経済こそ本格的な豊かさを実感した社会の証明であり、むしろその過程を経て「しごく当たり前の動物的な幸福の志向」へとシフトするのであって、アメリカで言えばそれはインターネットであったし日本で言えばフリーター志向であったワケだ。
続きを読む
posted by kagewari at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0