2007年01月20日

バラバラ事件がマスメディアの”ネタ”になっている

同時にTBSの格闘家秋山問題(すっごい滑るよ!)等、マスコミがその放送の中立性を疑われる例は昨今やたらと多くなっている。
TBSの格闘コンテンツは今に始まった事じゃないが、、
バラバラ殺人事件に関しても、メディアを賑わせているけれどもその取り扱いは”視聴率の取れるネタ”的側面が目立って肝心な昨今の心理面の検証がされていないのでどうにもこうにもって感じが強い。
重要な事だけれど、先日幼児虐待を巡る『児童虐待防止法改正』も論議されている。

児童虐待防止法改正:「親責任」盛り、迅速救済 親権制限など、与野党一致

07年に予定されている児童虐待防止法改正について、各党を代表して協議している超党派の勉強会が、親権の前提として「子どもを養育する責任」があるとする「親責任」の考え方を、改正案に盛り込むことで大筋一致した。民法の親権規定が、虐待されている子どもへの対応を遅らせるケースがあることを考慮。親権に対する新たな概念を導入することで、家裁の親権喪失宣告や親権代行者を立てる保全処分、児童相談所による立ち入り調査をしやすくする。
(中略)
児童虐待防止法の改正案で「親責任」が検討される背景には、児童相談所による立ち入り調査をしやすくするとともに、虐待する親から子を迅速に保護し、親の改善がみられるまで親権を一時停止するなどの措置を導入する狙いがある。(毎日新聞)

この辺何度も書いているのだけれども、「現代社会においては家庭なるものは心理的なリスクを伴う環境である」のであって同時にそれは上記の論議にあるように刑事事件の可能性も高いハードなリスクも存在する事を証明していて、
現実問題非行やいじめと家庭の関連性は言うに及ばずなのだから、家庭という概念すのものにリスクが高いという認識を持った論議をしないとナンセンスになる。
保守層から「伝統的な家庭の回復」が論議される事はそれもまた思想的によくわかるけれども、現実起きている問題と政治的心情をごっちゃにしては話が進まない。
心理サイドからの問題意識としては”関与する役所の質”がこれまた大問題で、容易に虐待を見落としたり昨今の家庭問題を心理学的に検証した政治的コンセンサスも無い以上、「関与して余計に事が深刻になる」って心配もある。
なので、幼児虐待がらみの話は「如何に家庭内の刑事事件を取り締まるのか」って部分に集約される方が望ましい。
続きを読む
posted by kagewari at 19:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0