2006年10月22日

ノスタルジーと「被(こうむる)」

そもそも脳内のイメージで現実認知を行っている人間にとって(認識がダイレクトに行動選択に繋がると考えるのを本能と定義するなら)、現実をリアルそのもので認知する事は不可能だし、それに意味も無い。
問題提起としては、この「現実感覚の”時制”がリアルであるか?」となる。
どういう事かというと自立的判断を行うフェーズは常に脳内の前例(判例)主義に照らされ経験的に合理化されてるのだけれど(新しい現象が起きれば「驚く」ワケで)、この過程で極端に強い印象や感情的に整理のつかない事象は複雑に絡み合い(=コンプレックスやトラウマ)前例照会の時点で、フラッシュバックのように不快なストレス信号を送る。

ここまでは、特段真新しい話じゃないのだけれども、全体の構造をもう少しわかりやくできないかとイメージのモデル化を考えてみた。
この構造全体の在り方は『惑星軌道のそれ』と良く似ている。

前例主義の不快ストレスが、時に時制を誤認させる。
果たして、現実認知の内容が一時反射的な前例照会の時点で「これは適応事例か?」の判断がおこなわれる前に、あまりの不快(パチンコ依存等の快感再現も同様の構造)再現で、「同じ事が起きた」と誤認してしまうのが投影なんだけれど、ここで「果たして適応事例か」の判断が遅れると一時的な感情を既に体感済みであるため(感情的な状態)、冷静に後追いで検証が履行されない。
つまり、下手すっと気持ち的に「前例の一次体験時代へ自我は時間的にも後退する」のと同様である。これが”ノスタルジー”だ、
もっぱらこれだけの支配的な印象は、大人になってからの事件性トラウマを例外に幼児期に起きているのであり、同時に幼児期というのは全般に(保護され主体的な判断の必要も無い時代なので)無条件に快感認知されているケースが多くなるため、この退行現象は複合的(コンプレックス)なものだと考えられる。
■「不快認知の時制と快感原則の誘惑がどっち付かずの状態で現実認知から自我を過去へ引っ張る」
続きを読む
タグ:メンタル
posted by kagewari at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

モバイル通信カードをb-モバイルからWILLCOMエッジに乗り換えた

買ったカードが『SUのAX420S』、消費電力ではNECのカードの方が有利なんだけれども外観デザインの関係上(マシンが真っ黒なIBMなので)「こりゃ〜無理だ」とSUに決定。実際のコストなんだけれども、ヤフーのADSL回線契約もしている関係上「年間割引とAB割適応で、2年目からは割安なんじゃん」な感じ、
そもそもの乗り換え理由は、b-モバそのものであるWILLCOMの回線事情にある。
繋ぎ放題コースが32Kから64Kまで同価格になった上に「W-OAM方式」に対応するカードがb-モバから発売されていない上に、そもそもb-モバは「プリペイド契約カード本体込み」なもんだから、機種交換ができない。
※b-モバはWILLCOM回線ってより、ボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)の赤い奴を使って法人向けサービスに熱心だから、次期カードは例の”赤い奴”になるんだろうけれどなにせ定額制契約の無いカードをプリペイドにするのには相当のリスクを背負うだろうから「いったい幾らになるのか?」もそう簡単には決めらないだろうし、今の状態じゃ赤いカードじゃ定額制は無理なんじゃないか。

b-モバの今後や、ライブドアモバイル無線LAN基地局増設も待っちゃおれないと乗り換えたんだけれど大成功。
モバイラーの皆さん「速いよAX420S!」、
いろんなとこで、速度の計測やらベンチマークやらあると思うんだけれど、俺はだいたいoperaのプログレスバー通信速度を見てる、
この数字がだね、b-モバのホンダエレクトロンで32kだと「早くて3K/秒」なワケだ、ところがAX420Sの64KW-OAMで「なんと最速10K/秒」(operaの表示はかなりいいかげんだが)、
東京の都心部での計測だからW-OAMが効いてるってのもあるんだろうけれども、3倍以上だぜマジに。
ここでブラウザをoperaやらluna使うと体感上はもっと早いわな、
一番感じるのが『ブログの再構築速度』、本当はブログの再構築なんざサーバーの方がボトルネックなんだろうけどさそれでも「はぁ〜楽になった」と体感する事間違いない。マシンがIBMのs30だからグラフィック周りがチープなもんだから相性的に「こんだけの速さならいんじゃない」と納得行く速さ。

昔b-モバで128K(4×)マルチの契約していたんだけれども、あまりにも不安定で32Kシングルにしたって経緯があって64K(2×)接続でどうかなと思ったんだけれども、ここも環境悪ければスムーズに32Kになってるみたいで安定感も悪くない。
256K向けのAX520Nの評判がイマイチだったので、心配したんだがAX420S使って64K回線はいいですよ。断然乗り換えるべき、
32Kから64Kなんてケチな話でauのカード使っている人にはとんでもない貧乏ネタも知れないが(笑、マシン持ち歩きのフルタイムモバイラーにとっては従量制の契約はあり得ないのであって、高額の通信料は法人契約でもないと難しい。
こうなってくると『IBMX40デカバッテリー乗り換え計画』も再浮上しそうでAX420Sから波及するねあれやこれやと、うん。
posted by kagewari at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

北朝鮮への限定的核攻撃か、

米軍の核攻撃はあるのだろか、
今の北朝鮮核関係施設は分厚い岩盤を地中まで掘削した中にあり、通常爆弾のバンカーバスターでも破壊できない。
考えられている攻撃は、地中に向かって爆発する志向性核爆弾の投下以外に無い。
現在日本のミサイル防衛は始まったばかりで、米軍の協力なしに北朝鮮のミサイル迎撃する事は出来ないし、協力するといってもそれがどこまで可能なのか準備するにも相当の日数がかかる。しかも今回の核実験は「ミサイル核弾頭として搭載可能な小型核兵器ではないか」という観測がある以上、本命のミサイルを迎撃させない囮として(前回のミサイル発射実験の時と同じ様に)スカッドを大量に発射されたら、果たして本命のノドン・テポドンをどれだけ迎撃可能なのだろうか。

おそらく日本の国防系議員は「先制攻撃」についての研究を急ぐ事になるだろう。
現在の日本の先制攻撃レベルは、航続距離の関係で空自の片道燃料攻撃しか方法は無く実質的な特攻に近い(空自のパイロットは「それでも行けと言われれば行く」と内部の研究で話している)。
かといって、ミサイル発射の徴候を掴んだところで燃料補給中のミサイルを狙う作戦が果たして間に合うのか?自衛隊法・憲法の整合性はどうなるのか。
バタバタしている間に世論に動揺が広まりかねない、
その世論に呼応して、先制攻撃の論議が先行してしまったら、それを食い止める政策的オプションが今この国には無い。

正直に言って「恐ろしい」。
今回の核実験が金正日政権の延命だけのものなのか、軍部の反発(現政権は経済制裁の結果、部下に十分な金をばら撒けない状況にある)を抑えられずに強攻策に打って出たのか(水害によって食料危機が迫っているという分析もある)、
合理的な政策判断ができる状態だととても思えない。
心理学的にも、今の北朝鮮は「強い自己中心的孤立」にあって、構造的には『被(こうむる)』という現実認識を失う状態にある。少なくとも権威の象徴として一定の地位を締めていた中国共産党にまで決別するとするなら(むしろ中国共産党に既に支える意思が無い)、体感上の被害認知の反動として「先制攻撃をかける可能性は否定できない」。確かに鬱下における人格の問題のある時に過剰武装に駆れていたとしても、これは直接の脅威とならない(その動機は実は内向きであるため)のだけれども、その武装が大量破壊兵器となると周辺国にとっては重大な安全保障上の問題となる。
続きを読む
posted by kagewari at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

ニュース23のモナ問題って又民主か、

これが大打撃らしい、
衆院神奈川16区大阪9区で補選を控えての、まじぃスキャンダルになった。
確かに、ニュース番組としてはニュース23も打撃だが(既に信用落ちてるとも言えるが)、女性票を集める細野豪志衆院議員の女性スキャンダルであってこれまた

「何故か奥さんが地元で頭下げる」という政治家以外の人間にはちょっと理解しがたい状況が又彼の評判を又下げるという悪循環。
※政調会長代理を10月5日に辞任、

小沢の入院は別段驚かなかったが(この人命かけている雰囲気アリアリなので)、前原全代表の時の側近が又不始末じゃ「前原人脈一掃しておきゃよかった」って評価に繋がっても仕方が無いだろう。つまり民主党若手全体の信用にダメを出したなこれ、
不倫が問題とかなんとかそういう意味じゃ無く、危機管理の意識が低すぎる。
これで、件の永田メールの時から何にも変わっていないってのがバレた
さて、この前原世代は『ブログのコメント欄開放』ってところだけは見るべきところがあった、盟友の長島昭久議員(前原執行部時代の影の内閣防衛大臣)と一緒に永田メール事件の時に”大炎上”したんだがそれでも踏ん張って(この時の対応としては長島議員がぐっと名をあげた)、「ネット=双方向」を唯一実現している稀な政治家だったんだが、

「だったんだが」よ、

永田メール事件の時の炎上は、そのコメントになんとか答えそして耐えて来たってのにだ。

え?モナの不倫騒動は永田メールより重大事件なのか・・・
なんと、この両人このスキャンダル騒動以来示し合わせたようにコメント欄を閉鎖した。
せっかくブログのコメント欄を開放する珍しい政治家だと思っていたのに「モナで閉鎖か」これね〜、そりゃ無いんじゃないかね〜
細野のブログ最後のコメントは9月23日、コメント欄閉鎖についての”コメント”無し。永田メールの時にもその誠実さで評判となった長島は正直な男で、コメント欄閉鎖の”コメント”を残している。
長島昭久 WeBLOG 『翔ぶが如く』
ついにコメント欄閉鎖・・・10月1日
なお、コメントの一部に常軌を逸する表現がふくまれ、これ以上コメント欄を維持することに一日本人として到底堪えられなくなりましたので、誠に残念ながらコメント欄を閉鎖させていただくことと致しました。約1年間、双方向メディアとしてのブログの特性を活かした政治活動を追求してまいりましたが、私自身の力不足もあり、このようなことになってしまったことは甚だ無念です。
ここの「一日本人として到底堪えられなくなりました」で何故か笑ってしまった。続きを読む
posted by kagewari at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

堀江裁判の続きなんだけれども

記事の一部を1日にちょっこっと編集した。
松尾邦弘検事総長は、”日経シンポジウム『法化社会の企業責任』”の引用のあたり。
この辺見直していて「ちょっとこりゃ別に書いたほうが良さそうだ」って考えた。

で、こっから続き、
検察首脳は、既存TV局や媒体(の現首脳陣の権益)を守るのが秩序を維持する事だと意図的に捉え(ライブドアは本当にフジテレビが欲しかったのであって最初からグリーンメーラーでもないのに)、市場取引に検察が介入する方法を研究した。
簡単に言えば「どういうシナリオでしょっぴけば有罪になるのか」、
なんか刑事検察の民事介入みたいな雰囲気もするが・・・
そして「国民のコンプライアンス意識、あるいは企業のコンプライアンスの意識が広がり、事件が少なくなっていけば」とコメントしている。
重要なのは「国民や企業のコンプライアンス」とコメントしている部分で、
不十分な法整備があるのなら立法府である国会が新しい法規制を整備すべきって立場である筈。しかもこのシンポジュウムにおける前段(検察が研究始める動機部分)は「企業のM&A防衛策が商法上の特別背任の疑いがあるため」だから、これがどうコンプライアンス(法令損守)にすりかわるのか?
又、このシンポジウムの全体の流れは「日本の司法もアメリカ的になりつつあり」である。ここには小泉改革としての新保守主義的な経済環境に対応しようって意味もあるのだろうし、現実堀江の弁護士も参加し進められている「日本版陪審員制度」と裁判のスピード化も進行中。
しかし、アメリカの司法では「起訴した事件の99.9%が有罪」とか「代用監獄とも呼ばれる長期に渡る取り調べ拘留」なんてものは存在しない(アメリカの場合「法律は大枠」であって詳細は実際の裁判の中で”判例”として積み上げられていく)。
その部分の改革(無罪の事例が増えるとか、長期拘留をしないとか)についてのコメントが無い。
つまり検察も「コンプライアンス意識」を考えなくちゃいかんでしょうって、

無罪の可能性があるからこそ、捜査手法や証拠集めの方法、立件する再の条件等詰めておかなければ検察首脳の判断で「コイツは何が何でも有罪にする」って事例がどんどん増えてくる。
堀江弁護団が「それならば無罪の事例が増えてくるのも妥当」と考えるのは自然だし、テレ朝ニュースでコンテーターのヤメ検堀田が「日本発のアメリカ映画のような法廷劇になる」というのもここから考えると納得がいく。
そして、この検察の「コンプライアンス意識の問題」を追求するため「大鶴基成部長や取り調べ検事ら三検察官の証人申請を求めた」と考えてもいい。
面白いのは今回のライブドア事件の立件手法が宮内・野口に対する司法取引(日本では証拠能力無し)っぽいって部分、確かに司法取引といえばアメリカの司法じゃよくある事だから、全体に流れているのは新保守主義的経済実体に合わせて、司法もアメリカ化しつつあるって考えるとわかりやすい。
続きを読む
posted by kagewari at 02:09 | Comment(6) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0