2006年08月21日

例の『SAD』のCMありゃ大問題だぜ

あのCM見て、なんか嫌な感じしている人多いと思うけれど、「妙な公共広告だな」と思って調べてみた。
公共広告かと思ったのはとんでもない勘違いで、これ製薬会社がスポンサーのよくわからん団体の営利目的のCMだって事がわかった。こりゃ大問題でしょう、あのCMの演出は明らかに「公共広告のパクリ」だし、しかもキャッチコピーは「SADの可能性があります治療できます(当然投薬)」。
ここのブログで何度も説明しているけれども、心因性の悩みっていうのは広義で言えば『神経症』であって、狭義であっても『自律神経失調・躁鬱傾向・人格障害・分裂傾向』って大まかな分類があれば十分で、それさえ「診断する側の診療方針の標準化や均一化」のためでこれってもっぱら投薬する時の処方箋のためにあるようなもので、精神分析的には「ほとんど意味がない」。

「心臓が止まったので:心不全」とか、「本来なら特定の原因因子があるだろうに:風邪ですね」とか、そもそも病名ってのは診断する側の技術的分類で「そんな名前の“病気”が実際あるのでは無い」。
それだけでなく、投薬のほとんどのケースは(解毒剤とか血清とかワクチン、抗生物質等の所謂「特効薬」)「不快な症状を抑える対処療法」で、これまた不快な症状には「自己治癒のための免疫系の反応」まで含まれてしまうので(特に有名なのは風邪薬で、あれは免疫系の反応による「咳痰鼻づまり」を“抑えて”しまったり、ウイルスの増殖を阻むための「発熱」を“解熱”してしまったりする)、程度問題でそもそも本来治癒のための薬じゃなかったりするので、症状が緩和したのを治ったと勘違いすると余計に悪化する事もあるのはご存知のとおり(幼児等一時症状を安定させて体力の回復を待って体内反応としての自己治癒を促すのが本来の目的)。

病気の概念にしても、同様で「ナントカ病」とかの分類も主に症例による分類に過ぎなく、全ての病名に「ナントカ病菌」なんて原型があるのではない。特に心因性のものについては遺伝性のものやアレルギー性のもの以外はほとんど「厳密に言えば病気ではない」。しかし社会的な無理解(理解できたら心理学の専門家になってしまう)のため不当な扱いをうけるとこれまた問題なので、簡単に説明がつくように「鬱病です」等のキーワードが必要なんであって、そういう病因因子は存在しない。
心因性の悩みは、病気と言うよりもどちらかと言えば「骨折」とか「椎間板ヘルニア」とかの障害に近い。当然障害があるのだから、会社を休職したり或いは退職し回復を待つという意味の生活保護の適応等は必要であって「病気じゃ無いならナマケ者か」なんてナンセンスな論議は、既に一般的でさえ無い。

これもPCのソフトで考えれば一番わかりやすい
バグはウイルス感染によるトラブルではないが、「バグがありますよ」ってのをソフトに理解の無い人(会社や家族等その他大勢)に説明する上で「○病なんです」と説明する方が早いってだけ。
そして、バグの治療をまかされている組織の一つに病院があるのであって、事病院ってとこは「病気じゃないと患者として取り扱わない」のだから、何が何でも病名をつけなきゃならない(そうじゃないと「健康です帰ってくれ」と言わなきゃならない)。
しかもロジカルなテーマに属する心因性の問題を投薬でどうにかするって事はナンセンスで、本来「これは対処療法で症状を抑えているだけです、心因性の問題が発生したこころの問題は専門外ですからカウンセラーが対処します」とかのインフォームドコンセントが必要になる。
ところが、医学部サイド(理系)では心理学的文型分野が実証面で馴染まないため、ロジカルなテーマにパッチをあてる的なフィードバックを行うプロセスは存在しない。
対処療法が原則であるのだから、症状に悩む人を徹底的に検査して、特有の傾向が無いか調べる事が優先される、

ここに結果として「脳内情報伝達物質のバランスが崩れていますね」と、
そんなもんね、極度の緊張状態などの非現実的な精神的なストレス環境に長くいる人の脳内情報伝達物質のバランスが崩れているのは「当たり前だろーが」。暴飲暴食の結果高血圧で悩んでいる人に「太っているのが原因です」と言っているのと同じだろう、じゃ「痩せ薬(なんてないけど)」、違う違う原因は『暴飲暴食』でしょうが。
糖尿病なんかの生活習慣病とほとんど同じような日常生活に関するケアを必要とする話だってのに、これがなんで「投薬主義」なのか?

なんとだね、このSADのCMやらかしている製薬会社のサイト上に明解に記載があるんだなこれが、
「社会不安障害(SAD)がどうして起こるのか?残念ながら、その原因はまだはっきりとは分かっていません。」
オイオイ、わかってネーのかよっ
これで、SSRIでのセロトニンの再取り込み阻害なんてな本来脳内で起きている生理現象を対処療法で「形だけバランスとる」なんて行為には危険が伴うのは当たり前だし、他にも精神系の薬ってのは「ほとんど覚せい剤」も多く、薬を抜く時にも半減期に合わせて離脱症状(簡単に言えば「禁断症状」)を考えなくちゃいかんって事はある意味「中毒になる可能性を示唆している」のであってさ。
簡単に言えばメンタルへルス系の薬には「副作用の無いものが無いぐらいリスクが高い」、
そんな診療行為を「原因もわからずに治療と称して、製薬会社が売りまくっている」ってのはどうなのよ、しかも気味の悪いCM(あれは実際不安を抱えて悩んでいる人を傷つける内容だと俺は思う)流して『煽っている』んだぜ、
続きを読む
タグ:メンタル
posted by kagewari at 04:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0