2005年09月24日

古田君にひとこと

かく言う俺は古田ファンである(歳も同じだしね)。
元々は野村監督ファンであった事がきっかけだけに、いろいろ苦言もあるワケだ、
元々古田君には「どっか一線超えないもどかしさ」がある。

首位打者なんかタイトル取ってバッティング好調の時にも、自分から4番を打たせてくれ的野望を感じない。(僕ら古い野球ファンとしてはライオンズの太田卓司じゃないが、4番は勝負強ければ良くて数字ばかりじゃないって思いがあった)あの当時のヤクルトファンとしては「古田4番待望論」だったのだけれど、なかなか実現しなかった(ほんの時たま4番になったぐらい)、
野村は「4番じゃ負担が大きい」が口癖だったが、本音の部分では本当のチームの顔としての関わりに「まだまだ」ってとこが残っていたからだろう。
野村は4番をチーム編成のキーに考える、阪神での4番新庄がその現れ、
新庄君を思い出して欲しい

彼は数字的にも最強のバッターではない、どちらかと言うとパフォーマンスで有名だ。
しかし新庄君はそんな風評と違い、実はとても責任感が強い。自分はチームの顔だとして疑わず、今彼は日本ハムの看板選手でファンサービスについても「かぶり物」なんかで有名、
日ハムで最強のバッターは疑う事も無く小笠原だけれど、新庄は阪神・メッツにおいてもクラッチヒッター(チャンスに強いバッター)だったし、チームの勝敗の要に置いておくにはやはり適任、


古田君は「遠慮や配慮」で、そこまで堂々と目立つような事はしない。
ところが、肝心かなめのヤクルトの選手やヤクルトファンにとって、「ヤクルトとは古田のチーム」これを疑うものはいない。
ヤクルト優勝の鍵は常に“古田”だった。
その存在感は新庄君を数段上回る

古田ファンとしてはね〜、どうしても(ストライキの時もそうだったけれど)「もっとバンバンやってもいんだよ古田君、君がリーダーだ」って不満がいつも残る、
野村の評価はって言うと
「捕手として目立ちたがっている」
これどういう意味かって、ピッチャーが目立つ(正攻法)というより、捕手が目立つ配球をしているって評価で(古田のフォークボール好きは有名)、こと配球について日本有数の2人の捕手の意見は常に違っていた。(メジャーについての考え方も違う)

ちょっと変でしょ、
野村の評価は「古田は配慮と遠慮の人ではない」のだ、
そうでなきゃあれだけの配球とバッターとしての勝負強さはあり得ない。
本来は彼は「星野の何倍も闘将」の筈、
そこいらへんがバレバレなので、古田ファンとしては「俺に4番打たせろ、広沢じゃ負けるだろ」ぐらいの勢いが本来の古田の姿だと思う。
実際古田は野村の後継者というより、彼の事だから野村をライバル視しているだろう、
なので、本人余計に「監督兼選手」ってのに抵抗ある筈。
又もや「野村後継者史観」から逃れられない、
なので古田君的には、「野村越え」が狙いだろうから、予想通りヤクルトサイドからの監督要請に「ハイ引き受けましょう」と簡単にはいかない。

彼の監督受諾の条件は「戦力の補強と、ファンサービス」だ、
これま又優等生的に「FAという選択肢もある」なんて事までコメントする。
そのゴタゴタ中はヤクルト連敗、若松監督までカリカリしている、

なんか思惑が逆効果になってるよ古田君

『野村再生工場』
これ古い野球ファンはみんな知っている事だけれど、クビになった選手を「発想の転換」によってレギュラーとして復活させる野村監督の有名な手法。
所属球団が貧乏だった事が背景なんだけれど(阪神には金があったので、正攻法の補強が星野に引き継がれた)、貧乏であることを批判はするが「補強が無ければ監督を辞める」ってものじゃない。
「無いなら無いで、自分の手腕で考える」のが野村、

もどかしいんだよね〜
古田君にも再生工場を期待しているのじゃないが、古田ファンはそれほど「野村後継者」も意識していないし、「ヤクルトのチームの諸君は誰より古田監督を望んでいる」だろう。

「光栄ですやりましょう」スパッと去年言っても良かった。

ライオンズの伊東見るとわかるけれど、監督になると選手時代に見えなかった「勝ちへのこだわり」がよく見える。(エラーで負けた試合後お客がまだ残っているのに守備練習したりね)
その人物の「勝ち方」が、
古田ファンとしてはこれが見たい
「マジになった古田」
“監督兼選手”期待してますよ古田君、これが一番のファンサービスでしょ。
posted by kagewari at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0