2005年08月31日

中ロ軍事演習に思う。

これはあまりにも以外というか「まさか」というか、、
時代錯誤としか思えない軍事演習(イベント)が中ロであったわけだ。「乗るロシアもロシア(これはビジネスでしょ)なら、真面目にロシアとの軍事演習で軍の近代化を誇示する中国も中国」で、

「アメリカのイラク侵攻やりすぎ厭戦感」は、ナンセンスの代名詞として定着している。
「アメリカって、そういうところがアメリカだよね」
これは皮肉にも最近のアメリカのイメージで、確かに武力行使に躊躇しないって部分には違いない。
しかしだ、現実的にアメリカが考えているのは「小規模地域紛争」ってのは世界中にバレバレで、次に狙うとすればイランか北朝鮮以外にあり得ない。それにも国連のある程度の承認が名目だけでも必要になる。
何故って、今アメリカにはそれほど大規模の軍事侵攻を維持する国力が無い。
既にイラク戦への兵士の不満は大きく、派遣のローテを組むのが大変で(人員不足の結果)、州兵動員の結果になり、日本を含めた他国の協力は『現実問題マジ』だった。


台湾問題で、軍事的な緊張が高まるとすれば「中国発」以外あり得ない。これは小学生でもわかる
まさか台湾に中国を侵攻できるわけでも無い、そして台湾の軍隊はアメリカとの友好関係もあり「けっこう最新式」「人の数ばかりで内容はたいしたことない中国」という図式が中台間の安定になってたともいえる。
実際アメリカのグアム、アメリカの戦術的要所沖縄、こんな地域で軍事的不安定が起きると大変なので、安全保障としてアメリカも相当警戒するだろう(冗談だとわかっていても)。

中国の台湾侵攻話っていうと、昔は北朝鮮のTV局の報道並みの「冗談でしょうよ的ネタ」だった、中国は何度も「台湾が独立すれば軍事的オプションがある」とか、目の前で軍事演習もよくやってきたが、共産党特有の「形式」ってイメージで、興奮していたのは「アンチ外務省(外務省には中国留学の中国派がいる)」な人ぐらいで巷はやれやれとしか思っていなかった。


何が変わったのか?
そりゃ最近の中国の反日を見ればわかる
中国の国力が大幅に伸びて、この国力自体がアジアの不安定要因になっている。中国政府は、国内の不安定要因を抑えるために「各種イベント」が必要で、そこには「ナショナリズム」も含まれている。
そもそも一党独裁と文明国は馴染まない、
かつてどっかの評論家は、経済の民営化と政治の独裁は中国の国内問題で干渉すべきではないという論調だったが、とんでも無い間違いで、今ごろ「政治の民主化」だって話になってる。


何が危険って、共同幻想崩壊過程で最も大事なサブカルチャーはいいも悪いも無くジャーナリズムでしかあり得ないんだが中国にはこのジャーナリズムが無い。「政治的民主化は遅れても、報道言論の自由は必須」だろうこれ天安門事件の時にもっとやって良かった。
中国共産党的には「天安門事件が起きたのは大失態」って事になってしまっている(このムードは、意味合いは違うが戦前の2.26事件の在り様に似ている)。ここから世論の誘導が始まった、
しかし、近代国家でジャーナリズムが国家権力に誘導されると「大失敗して逆効果になる危険性」は誰にも明らかで、現在中国は「まったくそのまんま」な状態にある。


経済で考えてみよう。
「市場経済が結論」に至ったのは、一部の官僚に計画経済として国民の心理を予測するなんて事は不可能だからで、市場調査って言葉があるように、これを計る方法は「市場」しかない。
ある意味「資本主義と共産主義の結論が出たのではなく、結論は市場経済だった」のだ(報道も言語として「市場経済」を使う)。これ言論でもそうで、言論報道の自由が無ければ、国民の心理を計る方法は無く、民主主義はこれを政治に反映する手段だ。

よく「開発独裁」のモデルとして、民主化も市場経済も怪しい戦後日本の名前が挙がることがあるが、状況が全く違っている。当時の日本の需要はもっぱらアメリカによるもので、それもその需要の中心は朝鮮戦争なのだから「計画経済で経済成長先行」しても取り立てて違和感が無い。
つまり心理学的に言うと『需要』は『個人的欲求』なのであって、当然ここには「個人の独立と自由」がくっついている(なけりゃ需要など存在しない)。
ほとんど社会主義の日本には内需などほとんど存在していなかった、この国は貯蓄性向が高く(需要する『個人』が少ない)、その資金力が国際問題にさえなったほどで、今でも日本の需要は『国が債務の形で肩代わりする』という構造に大きな変化は無い。日本では個人が独立していく形ではなく、文明の進歩に耐え切れず共同幻想が瓦解する方向で「独立志向」が後追いしている(その後をジャーナリズムと政府が追っている)。

ところが中国には「思い切り勝ち組」が存在し、案の定「反日デモ」の中心には「勝ち組み富裕層」がいる。
あからさまな独立志向(個の権利を国家に投影する形のナショナリズム、構造としてはファシズムとは違う)で、

これは危ない。

おそらく今回の中ロ軍事演習は、中国の国内向けのデモンストレーション(ほとんど軍事ショー)なのだろうが、こういう事をしていると「勘違いして本気になる」事がある。
その加熱に水をかけるのがジャーナリズムなんだが、中国の自称ジャーナリズムは“これを煽っている”。まるで戦前の日本の新聞社のように。
日本が戦争に突っ込む動機となった「ハルノート」は、当時の日本のおかれた心理状況としては「国が滅ぶ」ぐらいに思う事だが、アメリカがフセインに突きつけた戦争前の条件提示もそれほどたいした違いは無く、今の日本なら「ハルノート賛成!」で、戦争等おっぱじめるような心理にはならなかっただろう。
アジアの植民地解放は遅れただろうが、日本の会戦の動機として「植民地解放」はスローガンに過ぎず本気ではなかった(日本が植民地にしちゃってるのだから)ので、国内世論は戦争回避を歓迎しただろう。

危なっかしい事は、諸外国の対応で決まるのではない。
イラクにおいては、「フセインを打倒するか、アメリカの軍門に下るのか」の選択だったわけで、物理的にはアメリカの軍事侵攻規模の被害を覚悟していれば彼ら自身でフセイン打倒に成功する可能性は高かっただろうし、確実にそのほうが死者もインフラの被害も少なく済んだだろう。いいも悪いもフセインを打倒できない国内世論によって、結果「戦争を防げなかった」。
これ言うと、悪いのはアメリカ的なひとに随分言われそうなんだけれど、心理学的には「そう」。
この「アメリカ悪者説」の人が大好きな、「アメリカの何が悪いっのかといえば」の代表的理由が皮肉にもそれを証明している。
『イラクの大量破壊兵器』だ
だって無かったんだもの、
いいですか、なかったら国連の査察なんか「どうぞどうぞ見てやってください」でしょ、これ何処が一体問題なの?それでイラク戦争は無しだった。

フセインは、それなりのカリスマで「大量破壊兵器を持ち、且つその力を持ってしてブッシュ親子を恫喝するタフな男」このイメージは国内向けに必要だったのであって、
つまり「ありもしない大量破壊兵器があると思っていて、戦争になったのはイラク国内の大問題だった」事になる。
いかにもフセインの弾圧や独裁者としての振舞いが、目立っていたが(これアメリカ憎しの人も)、それが原因だとすると「アメリカの戦争は民主開放のための大儀があった事になる」。

やっぱ今の中国は危ないと思うよ、心理学的に。
posted by kagewari at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

堀江出馬に思う。

さて「小泉思ったほどじゃないな」の失望は完全に裏切られた形になり、彼が総裁選に出馬した頃のノリが復活した。
思うに小泉って男は相当用意周到な知的な男に違いない、
今回の郵政民営化解散は、彼が総裁選に出馬していた頃の言論から考えれば“らしい”ぐらいで何も驚く事じゃない。
彼はもっと若い頃に郵政大臣を勤めた事もあるが、この時民営化で大騒ぎはしていない。今回も参院の解散まで民社党の言うところの「これで民営化と言えるのか」ぐらいの(法案としてはどうかというぐらい)妥協を重ねる。自民党の総務会ではそれでも反対派の同意は得られず、見切り発車で衆院の採決となる。

ここで、彼の思惑は明白だ。

「今回の郵政民営化法案も大事だが、これを民営化できない政治体制の解決無くしてこの先は無い」
田中派→経世会→小渕→橋本派の破壊、しかし小泉は参院の青木あたりともよろしくやりながら参院の採決までこぎつける(ところが今回の採決の調整で、この青木の参院えの影響力まで削がれる結果となった)。
かなり確信犯だろう、
ひょっとすると「郵政解散・反対派は未公認」これは随分前から彼の頭の中にあったアイデアだろう、ほとんど待ってましたの感もある。

そこで堀江の登場となる。
堀江の切れ味の悪い最近のコメントはともかく(笑
ともかく堀江をかつぐ度胸があるだけたいしたものだ(これまでそういう芸当ができるのは小沢ぐらいだったから)、竹中に関しても今や小泉内閣に欠かせない人物で、猪瀬の起用などこれまでの自民党にはできない人材登用を行ってきた。狙いは結果というより派閥順送り人事の破壊の側面が強い、実際小泉の狙いどおり(橋本に検察けしかけたのも彼なのじゃないか)自民党の派閥は壊滅したと言える。

そこに堀江だ、
自民党内には、堀江の影響力(そりゃ当然彼と「いろんな意味で」仲良くしたい若手は相当いるだろう)を恐れて相当の人物が自民党公認に反対したらしく、堀江は無所属となった(結果この方が良かっただろう)。
アメリカの上院議員辺りには実業家や弁護士など、別に“本業”持っているのが多い、堀江の登場は本格的な金持ちの私財投入型議員を意味していて(誰の援助も受けていないので発言や政治判断に成約が無い)、もしこの人物が「継承型派閥」のアンチテーゼとして「ベンチャー型派閥」など結成されたら、自民党の派閥の残滓も木っ端微塵にやられてしまう(順送り人事を信じて「ポスト待ち」している有力者には大問題になる)。

この堀江かつぎに小泉らしさが最も現れている

堀江の動機はわかりやすい
プロ野球参入で、経済人としてもたいした事の無いオーナー連中に面接されて「君はダメだ」なんて扱いを受けて、フジTVの日枝辺りに「失礼な奴だ」扱いだ、
そりゃ「こいつらコノヤロー」と思うわな
ここで民主党(実はライブドアには擁護的だった、おそらく打診は民主党からもあった筈で、彼はそれを断っていることになる)から出馬したのでは面白くない。
実際ライブドア証券を中心に、彼は金融系の複合企業としてライブドアの将来像を考えている、「郵政民営化」は彼の本音だろう。今の日本にとっていかにマネーフローを民間に流すのかが経済政策的な課題であり、金融系の会社を経営している彼にとって「郵政民営化」はビジネスチャンスを意味している。

さて、面白くなってきた。
田中康夫のメッキも剥がれてきて、今回はこれまで出揃ったタレントの中で使えるのはほんとは誰と誰なのかがハッキリする選挙になりそうな気がする。

確かに寝たフリしていた小泉は食えない奴だ。
posted by kagewari at 06:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

心理学的考察「性格は存在しない、例えば“怒りっぽい”」

心理学的には「性格」という構造は存在しない(前にこのブログで「流れ」として話をした事がある)。
昔々の東洋には「粘着質」だとかの「気質」が論じられた事があるが、性格とは傾向で流れには違いが無い。

その流れを決定つけるのは、自我のロジックであって、このロジックの連想性(関連付けと追体験的回想)で、感情的な反応はきまる。
わかりやすくいえば「トマト美味しいと思う人」「トマトが不味いと思う人」の違いは、「トマトを美味しく感じる性格」等の存在が理由では無い。
「最初にトマトを食べた時の酸味が美味しいと思った」場合
この人物はトマトの種の部分が好きになり
「最初にトマトを食べた時のトマトは、トマトピューレでスープだった」場合トマトの甘さと塩味の調和を美味いと感じ、この人物は種の部分を捨てる調理を好む
両者に起きている話は次元が違っているのだが、各々のイメージで脳内で「トマトの味」の雛型が出来上がる事になり、この両者が「トマトってさ〜」と話している時頭の中で連想されている対象はあまりにも違う。

しかし「トマトにつていの会話は破綻しない」

そこで
「君は酸味好きだねぇ」とか「あなたは塩味好みだ」とか、、
なんて言えばいいのか、、
会話が成立していても、背景や連想の流れが違うと「実は話がすれ違っている」事すら多い。

話を戻して、性格と呼ばれているものについて考えてみる、
「怒りっぽい」
これはどういう現象なのか?
会話は体裁として通じていても、脳内のイメージ(トマトの種か種を捨てるのかぐらい)は飛躍的に「前々違う話になっている」可能性が高い。

何故か?
「あの人が怒るぐらいだからよっぽどの事だろう」
これは周辺が、怒る事由に納得しているからで、他人の立場からj判断しても(相対的に)“怒るのは妥当だ”と判断している状態で、「怒りっぽい(或いは短気)」という言葉が単語として特定のイメージで通用している事の背景は、「怒る合理的根拠を思いつかない時にも怒る人がいる」という意味で、実際怒っているので仕方がない(まさか「怒りっぽい人に怒るのはおかしい」と言っても、怒りの矛先がこっちにくるだけなので、こんな事を言うひとは通常いないので、)ので、「怒りっぽい人」という言葉がある。
「その怒りっぽい人が怒る理由は、と も か く」だ。
考えても自分は怒っていないので、怒る理由を容易に思いつけないのが自然。

そんな背景の中「怒りっぽい人」という言葉はひとり歩きし、なんだか本当に「怒りっぽい人がいるかのように」認識されている。こりゃとんでも無い話で、
「怒りっぽい人」や「笑いやすい人」という「人」のジャンルがあったら大変だ。

「○○さんは怒りっぽい」
これはアリ
「○○さんは笑いやすい」
これもアリ

しかし、
しかしだ、
「○○さんは怒りっぽい人だ」や
事もあろうに「僕は怒りっぽい方だ」なんて事になると、ほとんど言葉として壊れている。

たとえ本当に「自分でもよく怒る方だと思う」と思っていたとしても、だ。
怒ってしまったのは結果で、理由があるでしょうに理由が。

どうして誰もそれを不思議に思わないのか?


これがある意味「無意識の正体」、
無意識なんだから、簡単にそれが意識されたらそりゃ無意識じゃない。

なんとなく『性格』なるものがひとり歩きして、いかにも『性格』なんてものがあるかのようになってしまうのは、誰しも無意識の存在に気がつかないからで、
無意識について考える精神分析の世界では『性格は存在しない』となる事がわかってもらえるだろうか。

そう、その人が結果的に怒るのには理由がある。

「無意識的には〜になっているから」な時
この人は「無意識にこういう事例を常に○○○と反射的に判断(無意識先行で、意識的なロジカルな判断ではなく)する人だ」となる。
つまり、精神分析的には「怒りっぽい人」など存在しないし、
何かあったとしてその理由が「わたしは怒りっぽいからだ」などということがあったら大変な騒ぎだ。

繰り返すが
「○○さんは怒りっぽい(無意識についての背理がある事を前提としている)からな〜」
これはアリ、よーーーく読んでほしい。
「怒りっぽい性格を述べたものだ」とは読解できない筈だ。
本来誰しも無意識の介在とその結果について、どこか目の端っこあたりで薄々気がつているのに、これを妙な「言い回し」の流布で、麻痺させていないだろうか。
「健康」という言葉すら昔は無かった「社会」につていも最近の話。
言葉が一度「当たり前というかいっちょあがりの現実(的)」として認知されると、無意識の動きについての知覚度は後退する。
先進国化、文明化、流行語、無意識的な動きに鈍感になり、『性格』なる言葉がひとり歩きする、
これは「精神的悩み」や「鬱」が、先進国特有の現象である事の「関連性のひとつ」に違いない。
タグ:メンタル
posted by kagewari at 03:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

精神分析的視点(5)「出生率低下問題」を考える。

「出生率低下」と言えば、政府や世論の論調は「女性の権利拡大策や、労使関係の問題」になる、
「住宅問題」と考える人もいるだろうし「これは教育(費)問題だ」と言う人もいるだろう。
これがそもそもおかしい。
子供を産むのか産まないのかは、個人の自由であって、上記のアイデアってのの前提は「産みたい気持ちを断腸の思いで断念している人が沢山いる」って事になる。

しかし、最近の出生率の問題は
「そうじゃないでしょうよ」
「子供ね〜、どうしようか」ぐらいでしょう。
だとすると「産みたい気持ちを断腸の思いで断念している人が沢山いる」事を前提とした「産めなくて困っている問題」は存在せず、「産みたいのに産めなくて困っている問題の解決策をなんやかんやと考えたところで、政策の趣旨が→女性の権利拡大、労使関係、住宅、教育そのまんまになるだけだ」。

話は戻るが子供を産むのか産まないのかは、個人の自由であって出生率の低下などどうだっていいのだが(高齢者問題と出生率を結びつけるのは単なる民族主義で、一見「アリ」の論議にも見えるが実は暴論と考えていい。国内経済の労働力は別個の問題で、移民政策などで若い労働者の移転を助ければいい。そもそも人口爆発が問題になっている国もあるのであって「国際政治」だの「日本の国際化」などと言う事を本気で言っているなら、そっちの政策をさっさと考えるべきだろう、日本のアイデンテイィティーを守りつつ国際標準たるって方向性は「もう踏み出しちゃっている」んだし、デフレで現在の労働力さえ完全雇用に出来ない政策をやっている時に、将来の労働力がどうこうじゃないでしょう
現実労働生産性が飛躍的に向上する可能性だってあり得るのであって、当面する経済の問題は「半世紀前と変らず完全雇用」には違いが無い。

しかし、本能の壊れた人間(その代替として自我を持つ)にとっても、
「種が滅びる結果になる行動選択が行われている現状は自然か?」これは考えてもいいだろう。

例えは極端だけれど
「ダイエットブームで国民の半数が栄養失調だ」
これはどっから考えても自然ではない、
本能が壊れたとエキセントリックな表現を使うと、何かいかにも「反動的退廃」なイメージになりがちだが、そもそも本能は自然との関連の合理性から育まれるもので、「自我は合理的でない」なんて事になってはむしろ不自然で、均一性の点では本能に及ばなくても思考の点で合理的な可能性を求めるのは「本能も自我も同じであり」その差は、運用面だと言ってもいい。

つまり
共同幻想と各個の自我は補完関係にあり、以前は「家族であったり出産」についての合意性は「共同幻想マター」であった、その共同幻想の権威性が「良くも悪くも後退している」のだから、これは「個人の手に委ねられた」事になる。
しかし、「家族出産」なんてものは「共同幻想マターだ」な発想がスパッと一朝一夕に自我に移行する筈が無い。
出生率の低下の背景にあるのが「晩婚化」であるのは明らかで、
「なかなか判断するのに簡単ではないので時間がかかっている」でしょ、
何か殊更社会の危機であるかのように騒ぐ事では無い、
それこそ政策サイドにできる事は「いろいろ考えて不安も多いだろうから、側面から不安の一部をサポートする」事を考えるべきだろ。

「サポートする」なんだから、希望に添う公共サービスを提供する事を考えりゃいいのであって、まさか社会の女性の大半が「キャリア志向」なワケが無く(俺は男だがキャリア志向など無い)十分に育児手当があれば、働かなくていいのだから「保育所問題がどうとか」「育児休暇後の会社復帰の話とか(そもそもそんな体力は一部の大企業にしか無い事は誰もが知っている)」人権だの平等だの、話が反れる政策論争など起きないし、夫が『退職して育児休暇を取る自由』なんて発想も出てくるだろう。高額の育児手当は「育児に対しての社会的評価」なのだから。
当然金になるので、保育所であったり関連サービス産業も伸びるので、益々環境は良くなる。

一時高齢者医療費が問題になった事があるが、これは生産(納税)としての将来像が無い話だからで(簡単な話、高齢者がそれだけ医療機関を使って健康になるのなら、彼らの雇用を考えればいいのであって、一律に医療費の削減を考えるのは順番が違っている)、子供の養育費は、将来の生産者への援助であって「長期的レーガノミクス」だぐらいに考えても少しも惜しくない。意味不明の公共事業や、貯蓄性向が高いってのに減税するよりよっぽど「ほとんど消費に回る養育費」は経済政策としての効率も高い。

だいたいが、「シングルマザー」が言葉として流行したことがあるが、
『政府はシングルマザーを支持します!』何故言えない。
片方で「片親だからと差別はいけない」とか「私生児だからと結婚差別があるのは前近代的だ」って言っておきながら、何かシングルマザーが社会問題でもあるかのような雰囲気ってのは論理矛盾だろうに、
なんで「積極的に応援しましょう」とぶち上げられないのか

政府サイドには「共同幻想の番人的保守性」が存在しているのであって、出生率が問題になると「家族を再生」とか「結婚奨励」とか、話のピントがずれていく
そもそも、何時何歳で結婚しようが個人の自由だろうし、それを基本的人権っツーんだろう



「なんとなく子供は3人ぐらい産むものだ」という常識(共同幻想)が昔にはあったのであって、実際俺の世代の子供時代には「一人っ子なの?」と、子供一人はユニークな側だった。
実際能動的に自意識選択として「あ〜○人子供が欲しい」と思うことってあるだろうか?
『自分にとっての理想の家族構成』って発想があったとしても「私はカレーが食べたい的」欲求として「無性に3人子供が産みたい」なんて思う事はあるだろうか?

こういう事をいうと誤解されるのを承知で言うのだが、
ペットを飼っている人の大半は「多頭飼い」を考える、
「沢山いたらもっと楽しい」
不謹慎な話と受け取ってもらってかまわないが、単純に「自分の子供が可愛い」と感じる確立は高いだろうし自然な事だろう、実際の夫婦でも「(なので)もうひとり産もうか」というケースも少なくない筈だ。
いいとか悪いとかではなく、「出産を巡る不安が無ければ、自然に出生率は上昇する」と考える事は非論理的なんだろうか?

現代家族の形態は多様だし、家族である必要があるのかないのかも論議があるだろう、
離婚率が50パー超えてるのも現実だ、
家族なんてカテゴリーでは無く、「この国の女性が不安無く出産育児ができるシステムを整える」それ以外に何の政策が必要なのか?育児に不安があるのなら(昔だって乳母はいた)「出張乳母サービス&カウンセリング」があっていいのであり、幼児虐待がある現代だからこそ「独身の里親」がいてもいい(適任者の認定などの社会体制を整える力こそ先進国の知性ってもんでしょうよ)、

どうも未だに「共同幻想は壊れても仕方がないのであり、今後はいかに個人(自我)というものに社会を委ねていかなければならない」という認識が欠けているのじゃないのか、
それが、まんま『民主主義』だろうに
posted by kagewari at 05:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0