2005年06月08日

精神分析的視点(2)家族を考える

これも誤解されやすい。
「家族」ってのは社会が定義する雛型に倣うもので、左翼の活動家の家庭が「夫婦別姓」や「子供の人権(日の丸・君が代)」等で特徴的な行動や判断をする事で、その方向性には異論は無いだろう、根底は“保守”になる。(アメリカ大統領戦なんかでもよくポイントになるが「家族」なる言葉自体が「保守」を意図している)

つまり「家族的」=「保守的」を意味するので、本来背景となる伝統や名誉、地域社会などとの関係の延長として普遍的なイメージが付随してこないと、家族は「最小単位の孤立したバンド(band:群れ)」に過ぎず「常識なるもから乖離する」。
常識っていうのは、多数に支持されている「超自我の裏付け」なのだから(たとえそれが方便に過ぎなくても)こいつが後退すると精神的な不安(ストレス)は相対的に増大する。

別段自分が保守派だとか、そういう話をしているのではない。
常識であるとか普通であるとかに連なるには、それを担保する背景が無い事には「しょうがない」んであって、どうにもこうにも“常識(リアリティー)”というより「何が良くて何が悪い」みたいな紋切り型の表面的道徳になりがちになる。
まさか「俺(性別はどちらでもいい)について来い」ぐらいの勢いの人物が「この家はこの信念の元に!」と号令を挙げれば別になるが、そうだとしてもそれは「何か信念のあるベンチャーな家」であって“常識的な家では無い”だろう。

つまり、文明化で「家族」なるものが漂流し孤立するということは、常識の母数が衰退することで(この辺が「最近の社会はマナーが悪くなった」とかの原因になる)、家族に所属する個々人にとっても「そうそう居心地のいいものではない」
「育児不安」「家庭内暴力」「家庭崩壊(学級崩壊の前段)」「精神的葛藤の発生要因」「地域の問題家族」、、、、。

現実どうなのかって、このカウンターとして「個性化」等の旗を公は振ったワケだが(西洋はEUなどの新手の「保守化実験」を試みている)、絵に描いたような個性なんてものが忽然と生まれる筈も無い。
元来動物の群れとして、かなり有力なコアは「母子関係」ぐらいなもので、後は環境が変わればどうにでも変化可能なんであって、文明化による家族の孤立化は避けられない状況下にある。


精神分析的には「共同幻想の担い手としての家族が、弱体化することは自明」って事で(共和党じゃないが「再建しよう」とかの意味では無く)、これにいかに対処するのかって話は深刻なテーマのひとつになっている。続きを読む
タグ:メンタル
posted by kagewari at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0