2004年10月23日

自我の成り立ちについて考える。

自我を定義する事自体がこれまた難しいので、ともかく自我の成り立ちから話を進めよう。コミュニケーションの手段は各生物で様々だけれど、このコミュニケーションや相互関係(多種や自然環境との関係も含む)を通して種としてのイメージがある。「この生き物は植物で光合成をして、繁殖に虫の協力を得ている」「この生物は捕食獣で、小動物の分布に応じるため広い縄張りを持つ」この種としてのイメージを無視して固体を観察する事はあり得ないし、むしろこの種としてのイメージが実存感が強い。

ここを繋いでいるのがコミュニケーションで、深く種の実存に関わっている。

ここ、ここ。
コミュニケーションは「深く『種』の実存に関わっている」

これ何か?
コミュニケーションにはそれ自体に個別のアイデェンティティーがある。
『個体を離れて』
ここが難しい、小動物を食べる事で地球上の種としての生存総数は定義される。つまり「関わり」は個体とその実存(言い換えると個単体を切り離して観察す人がいない理由は、そこに実存が無いからで、、)を決定している。

ので、

コミュニケーションの手段として言語ロジックを使う人類は、「関わり担当」の独自性が強い。何故なら関わる部分の蓄積が「関わり担当としての体験」になるからで、このロジックの数が又半端じゃなく、組織的、論理的にまとめていかないと整理がつかない。

「関わり担当」の独自性の反対は、「関わり担当と個体の一致性」だから、人の自我ってのは「自分はかく在り」と宣言する独自の(極端に言えば個から独立した)機関を持っている。この独自機関を『自我』と呼ぶ。
→続きを読む

posted by kagewari at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報について。

今やアメリカの大統領選を見る目も「かなり面白い」の趣で、
「昔なら極秘では?」な話もチラホラ、
情報は公開した方が(ひょっとすると大統領選も、一見ネガティブ情報の意図的流出が反対に支持率に繋がる時代かも、、)何かと話が早い。

反対に考えると、昔は随分と必要も無い秘密が沢山あったのかも知れない。誤解される心配がある時には(あるいは説明する自身が無いとか、)口を慎むって文化もあったせいだろう。とは言え、現代は情報の量は凄く多くてネットに自分から情報を発信できることもできるので、話すほうも聞くほうも話の内容を確認するのは随分と簡単になった。「口を慎む」って時のリスクが減ってるので(間違えたら直せばいいのであって)、やはり情報は公開した方が話しが早い

昔の学校には「予習復習」なんて文化があった、なんだか随分マヌケな言葉なんだが、既に知ってる情報を公開するなんざ、この復習に近いものがある。「そうなんですよ、実は」って話してるさなかに「何か思いつく」とか、
カウンセリングにもそういった傾向があるんだけれども、とにかく自我には早合点な傾向があるので(効率も能力の内になっっちゃってるし)これは「悩みがあるから」とかに関係なく適応される話で、「自分自身へも情報は公開した方が話が早い」って事になる。

話が早いってのも早合点な傾向か、、
posted by kagewari at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0