2004年07月04日

「おっとりしてる」について

思い出すのは、黒沢明監督『椿三十郎』の台詞です。
人質になっているのに「まあ綺麗な椿だこと」と、のんびりしている奥方に「ちょっと足りないんだよっ」と、御船演じる用心棒が毒付くシーンです。(実は褒め言葉)

この流れに身を任せで動じない意志は、何でしょうか?
自信じゃないでしょう。

諦めでもない。
正直とは、「疑う気持ちの無い主体性なのだ」
そんな風に思います。
俺はしじゅうバタバタして、落ち着きの無い人間で、「盲導犬に適さないタイプ」の犬に似た傾向を持っています。こいつは「なんか気になる」と「猜疑心」が、同じ次の思考「何だろう」を持つからなんでしょね。

一生おっとりした人間にはなれそうにありません。。。
posted by kagewari at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0