2004年07月02日

時間についての続きになりますが

心理学的には、誰も触れていない話ですが、「時間は逆周りしてるんじゃないか?」的なあるイメージがあります。

まだ十分に考えた話じゃないので、一部不鮮明なのですが、フロイドが「死の衝動」として取り組んでコケた辺りになんかある気がします。「何が何」ってのじゃないのですが、元々あった「自分」は、教育で後付けの自我が生まれ、孔子の言う所の「迷わず」辺りで、自分らしい方向へ修正され(元に戻り)、自分をより表現可能な実存を求めるようになり(ここで、「(家族を含む)社会的存在」を求める派と、自己を何らかの方法で表現する派に別れます)『失われていく』部分を意識するようになる。

見方を変えると、誕生後自我の成長に押されて『失われていく』部分があったのではないか?

ワケのわらんな話ですが、時々考える事です。
輪廻とか死後(生前を含む)の世界とか、個人的には全く信じていませんが、「幼児は知的である」と考えている俺の頭の中では、けっこう繰り返すテーマなんです。

映画マグノリアに登場する『賢くならなきゃ』とは、追加される知識ではない事だけは、間違いないと思う。
posted by kagewari at 02:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0