2004年03月30日

雨ですね

それはともかく、忙しさに埋没してパリーグが開幕した事すら知りませんでした。
今年はちょっとプロ野球も、と思っていましたがもう見逃してるしまつです。
 
 俺ははひねくれ者で野村監督のファンでした、野村監督球界追放(アマで復帰をほんとに喜んでます)以来、めっきり見なくなったプロ野球中継なんですが、暫く見ないうちにサッカーの影響もあって、随分野球界も変わってきたようです。
 オリンピック好きで有名だった長さんが(回復をお祈りいたします)日本代表の監督になる時代です。子供たちはメジャーの日本人選手に憧れ、日本代表選抜は、文字通り巨人より強く、キャプテンは古田に続き(昔からヤクルトファンです)宮本が務めています。一時危惧された選手のメジャー流出問題も、伊良部や吉井、佐々木、新庄の復帰で払拭されました。
 野球ファンの大半が無意識に巨人ファン、、そしてオロナミンCな時代がやっと終わりました。
 ヤクルトと西武の日本シリーズは屈指の好カードでしたが、興味を持たない人も多かったでしょう。でもこれからはもうそんな心配は無さそうです。パ・リーグの観客動員もダイエーの存在で「やればできる」って事が証明されているんですし、日ハムの北海道フランチャイズにはそんな企業努力を感じます。実際10年前と比べてパ・リーグの選手個人の知名度は随分上がっています。FAで全部の選手が巨人に、、なんて事も心配ありませんでした。(本当にポジションは9つですからね)
 ここにも感じますね、デフレの時代=共同幻想の崩壊。
 個人の時代の台頭。
 セリエAの選手を女性が沢山知ってたりします(差別意識は無いですよ、現実の話なんですから)。サッカーには戦術の話も良く出ます。野球の見方にも変化があります、以前より戦術と個人の特徴重視です、「強くて有名」だけでは魅力を維持できません。
 選手のイメージにも個人の時代の台頭があるからです。一球団で選手寿命をまっとうする時代じゃありません。メジャーを視野に入れる選手、FAで本当の働き場所を探す選手、巨人に拘らず他球団でも「野球がしたいから」とプレーを希望する選手、日本での活躍がメジャー復帰の道の一つとなりつつあり、目の色が変わりだした外国人選手。バレンタインもいいですね。
 デフレの時代、捨てたもんじゃない気がします。
posted by kagewari at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0