2019年06月24日

「なんとか発達障害や定型発達なんとか」巡る背景(3)

<「そしてオンザレールな『共同幻想』社会適応の現場では何が起きるのか?」>

『普通の人』なる概念の有名無実化・消滅は「なにができればマトモで普通と認定されるのか?」って承認欲求となる(承認欲求は受動系『被(こうむる)』なのでそのまんま「強迫心理」である)。
昭和の一時期にやたらと「冠婚葬祭などのマニュアル本が売れた」ことありますが、
それこそ承認欲求集団心理でしょう。

高度経済成長以降の『共同幻想』は何かと”ビジネスベース”によるもので、
(●いうまでも無くこの時代の社会にとっての最大公約数は経済なのだから)
意味のわからない”流行”に代表される、トンデモ視聴率のTVドラマや、分譲マンション販売のための結婚習俗の捏造や、イロイロあったワケです。
平成以降に生まれた人はご存じないでしょうが、

昭和の一時期『マジソンバッグ』(←後にボストンバックの代表とも呼ばれる)なる謎の商品が学生の間で大流行します。
現代人が見れば「それのどこがいいの?」謎でしかないデザインですが、
当時の社会民度において「通学に使うスポーツバック、カジュアルなデザイン」なる概念はプリインストールされておらず(ついこないだまで風呂敷使ってましたから少なくとも前世代から受け継がれる『共同幻想』が無い)、何かの拍子で「これがいいらしい」と火が付くと、
「だよね、そうだよね」のシステムにより爆発的に共有化されたのです。
(※1)持ってないと承認欲求不安から極度の落ち込みとなったり、その必要性が衝動的・劇場的な『興奮』を伴ったり。)
(※2)この世には「知ったかぶり」って言葉あるじゃないですか。あれこそオンザレールな『共同幻想』同調圧力《強迫》であり、同時に承認欲求不安が存在する証明でもある。)


名前付けるとすると「1世代限りで消費される時間制限付き『共同幻想』」
●前述のとおり、この『共同幻想』は「ビジネスと『共同幻想』のリンク」そして「時代変遷の中流行が変遷するように前世代から常識としてプリインストールされないもの」が組み合わさると発生する。
極論「”流行”とは時間制限付き『共同幻想』の(プロパガンダやデマゴーグのような)陰謀論的な伝播のこと」である。

平成ニューファミリーにおける「マクラーレンのベビーカー」しかり、
欧米リベラル左翼における「ヴィーガン菜食主義」しかり、
意識高い系におけるスタバ文化しかり、
OLの留学旅行しかり、
乳幼児からの英会話しかり、

逆に言うとさ、”オンザレール世代”そのものが使い捨てにされていくんですよ。
(当人承認欲求で必死こいて共有・飛びついてきたのに、賞味期限10年以下で振り返ると黒歴史となってしまう。)


■『共同幻想』崩れ世帯において「幼児虐待」や「育児ノイローゼ」に高いリスクが発生する理由
ここまで考えると、だいたい勘のいい人はわかると思いますが、
江戸時代300年や明治から昭和初期にかけての『共同幻想』とは違い、複数世代が習俗として獲得してきたものでは無く、
電通やら広告・ビジネスベースで(企業が儲かるため)「捏造でも何でもアリだ」で(崩壊時代の承認欲求不安を煽り・利用する)流行させるのが、
現代のインスタント『共同幻想』という残滓であって。
 ↑
これがまた半分捏造なので「本当に誰でもできること?」すら怪しいってのに、
しかし、オンザレールな『共同幻想』社会はその実現に血眼になり振り回される。
(もしそれに失敗したら、生きている意味すらないんだというワケのわからないレバレッジの効いた煽りにのまれる。)

で、どこにでもいるガキに器用な芸当できる筈も無く、
「なんでできないの!!!」シーンが続出←わかりますよね?

「なんとか発達障害が、捏造を背景に大量生産されちまう」ワケで、、、

(勘違いされるといけないので、もう一回言うけれど「なんとか障害」って概念が意味不明なのであって、当該人物が自分の心理に問題意識があるなら「問題は別のところ《強迫心理》にある」って事だから。)


●ざっくり言えば「『共同幻想』崩れ社会」とは、
オンザレールな社会適応者が全員神経症になるかのような社会現象なワケです。
意味のわからない拘りや、
誰を権威に仰いでいるのかすらわからない承認欲求、
(広告会社に操られ・保険会社に煽られまくる)
→続きを読む

posted by kagewari at 17:51 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

「なんとか発達障害や定型発達なんとか」巡る背景(2)


<この現状を生み出している「『共同幻想』崩れ社会」を論じてみようと思う>

タイトルとの繋がりで始めるのが一番わかりやすいと思う。
所謂(『共同幻想』という概念を知らない)欧米社会が編み出した用語である
「定型発達(typical development:典型的・ステレオタイプな開発)」
この用語が間違いの始まり
(ニンゲンの人格に標準タイプなどという定義は存在しないのだから)
勿論この意図は
■『共同幻想』社会適応型として望ましい人格タイプとなる
昔の日本の言葉なら「竹を割ったなんとやら」などいろいろあるじゃないですか。

さて『共同幻想』論において、文明が発達し先進国化が進むと”自ずと『共同幻想』は都度壊れる”件説明してきました(明治維新の時には「江戸封建時代『共同幻想』」が壊れ、戦後には「産業革命帝国主義『共同幻想』」が壊れ、平成にかけて「昭和高度経済成長『共同幻想』」が壊れた)。
「パックスアメリカーナ」じゅあないけれど、
その都度権力なり権威なりがそれに代わる『共同幻想』を掲げ革命なり改革なりを進めていれば、『共同幻想』は入れ替わるだけで”崩壊プロセスが長期に継続する”ことは無い。

■しかし文明化により、当事国が先進国化するに従い(人権主義・個性化多様化の時代)、
そもそも社会の運用を『共同幻想』なるドグマ的概念で纏める事自体が前近代的と認識される。
勿論、その都度保守系の反動的揺り戻しはあるけれど、
男女雇用機会均等法などに代表されるように、「『共同幻想』に依らない社会」の模索は法制化されており(現代においては「家庭内体罰の違法化など」)、この流れは変わらない。

※時代の変化するポイントで「オカルト終末論が何故か流行する」のも、集合無意識論みたいな筋の悪い仮説を持ち出さなくても、上記を踏まえて考えればなんとなくご理解いただけるかと。


●というか論理的に変えられない
一度ネタバレした幻想は、プロパガンダのような手法で集団心理を誘導することができないからだ。
(フェイクニュースとバレちゃったデマで人をもう一度誘導しようとしても無理って事)
高学歴社会となっている事もそこに加わり、
(プライバシー保護法案や、メディアリテラシー論や、医療のインフォームドコンセント《 informed consent》などもそう)
予めメニュー化・マニュアル化された概念を、その原理原則までは各人考えずに「常識だから、それが普通だから」とワンセットで「鵜呑み導入」するという『共同幻想』方式は、文明社会の民度として終わっている。

「事の善し悪しなり美意識なり、各人が原理原則論に至るまで自分で考え選択する」
 ↑
これが、現代高学歴社会の個人の在り方だし、
それが人権として憲法により保護される”中身”である。

つまりさ
「定型発達(typical development:典型的・ステレオタイプな開発)」
などと呼ばれる”定型”の定義が消滅したのよ。
(日本語流で言うならば「普通の人」って概念は有名無実化した)

→続きを読む

posted by kagewari at 20:30 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

「なんとか発達障害や定型発達なんとか」巡る背景(1)

総数がどうなるのかわからないのだけど、
ひょっとすると、直近の現象として一番憂慮すべきことかも知れないと思い、
心理学テキストとして書いておこうと思う。

■この話の背景、大前提に「主として米国などの臨床系正精神科系VS心理学精神分析」の関係があると思う。
過去記事に再三書いてきているので、読者の方はご存じと思うけれどちょっとおさらいしてみよう。

(※ここでは遠慮容赦無くPC《ポリティカルコレクトネス》逸脱表現も使うけれど、話をわかりやすくするためなのでごり化いただきたい。)

「臨床系正精神科系VS心理学精神分析」となる最も大きな背景は
1)心理学・精神分析は保守系思想の拠り所である宗教すら分析できてしまう
2)発明したフロイト先生がユダヤ人である
3)著名な弟子がこれまた離反したユング君だが、ユング心理学は(そら師匠離れた原因が実際のところ精神分析が宗教に至ることの潜在的拒絶だから)ナチスに協力したとして欧州などでは禁句ですらある。
 ↑
だいたいこんなとこ、
●残念な事に、欧米心理学会には吉本隆明も岸田秀教授がメインストリームとなることもなかったから、『共同幻想』論を展開できなかったんだよ。
『共同幻想』論なら、具体的に宗教などを構造や外郭から(心理分析に必要なとこだけ)理解できるため、何か宗教の正統性を殊更に既存する心配は無い。


■■■勘のいい人ならピンときたと思う■■■
「定型発達(typical development:典型的・ステレオタイプな開発)」
 ↑
『共同幻想』(社会学や文化人類学的視点)の視点を持てなかった、欧米の臨床系・精神科系が「典型的人格タイプの開発」として個々人の人格にはめ込んでそこに近づこうとしたもの。
 ↑
わだわかってないのだよ(思想家の吉本隆明は外国語に堪能ではなかったこともあり当時この思想に強い関心を寄せたのは仏の哲学者ミシェル・フーコーぐらいだが、このフーコーとの手紙交換も言語の壁もあり尻切れトンボだったとも言われている)、
●『共同幻想』論なる現代思想における大発明をまだ欧米の心理系哲学系社会学系シーンが理解していない(下手すっと知らない)、


それでワケのわからないことになった。


<もうひとつの大前提>
■心理学・精神分析系としては便宜上”症例”で分類するとしても以下程度のもんで
「神経症」「躁鬱」「自律神経失調」「PTSD」
それも広い意味でくくれば「全部神経症」なんですよ。
何故ってさ、個人心理学だから「ケースバイケースで、全員個別に背景が違う」から。
100人いれば100の症例ってのが本質的に正しい、

■に対して、事実上フロイト心理学を暗に否定している欧米臨床系や精神科系の考えは
(彼らは営業上も投薬に効果があるって話にもしたいワケだから)
「神経症」の原因を「知らない・わからない」と定義しているため(そらフロイト先生否定だから)
投薬の適正判断をマニュアル化する分類が主たる業務になる。
 ↑
ところが、相談にいく患者はこの分類こそが”原因となる病気なのだ”と勘違いしてしまい、、
(いやいや、定型菌とかそういうの無いから、、、)

問診のままに「無理くりでも症例名づけてナンボ」の臨床系・精神科系としては
「うーんそれはカサンドラ」だとか「メサイアシンドロームかなぁ」だとか「あなたは定型ナントカですよっ」など、謎展開するワケだよ。

(●本当は欧米で顕著なDVなんかもさ、フロイト心理学バシバシ使えばもっと建設的対策に繋がるだろうにと思うんだが、、、欧米的なカサンドラ何チャラの背景は彼ら特集のDV事情だと思うぜ。)


<<<<結果現状のコレですよ、、、>>>>
社会不適応が現状に関係していれば「ハイなんとか発達障害」ですね
社会適応サイドに所属していれば「定型発達」のお方ですね
 ↑
いやいやいやいやいや、、、
社会との関係論じる時に
なーーーんでーー社会学的な論理的背景の説明がネー―んだよ!!
おかしいでしょ?

「うーんあなたは(お勤めだから)サラリーマンシンドローム(って名前にしちゃおかな)」
「いやいやいやいや、ブラック企業でプチ鬱になってんだが!!問題の本質は会社のパワハラなんですけどー。意味のわからない診断されたら労災おりないでしょ!」
(こんな感じ)

「うーんあなたはハウスワイフだから、、か、カあサンドラですね」
「いやいやいやいや、とっと離婚すべき論理的思考が抑圧されているのが問題でしょうが!!結果悪循環化した共依存もそうだけれど、最初のとこの合理的選択の抑圧の原因は何ですか?!!何がカサンドラだ、リチャードハリスのアクション映画かっ!」
(こんな感じ)

→続きを読む

posted by kagewari at 21:48 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

記事リクエストの方からトンデモな情報がありました


最近の「なんだこれ?」なweb投げ銭リクエストの状況がどうなってんのかと思っていたら、過去に記事リクエストの方からトンデモな情報提供がありまして、
■これは分析記事化しなければと、

ネタは何かと言いますと
「なんとか障害戦争」
ネットの路地みたいな某各所で「なんとか障害VSなんとか障害」の極地ゲリラ戦が延々繰り広げられているそうで、、、バアリトゥードって言うのかなぁ?
●ご存じ無い方にはにわかに信じ難い話だと思うのですが、

本 当 〜です
(悪循環にしかならないので具体的リンクの紹介などは”絶対やりません”からね、マジに目にするのもおぞましい話になっておりまして、、、)


で、実際どんな状況かと言えば
(2chあたりですっかり一般用語として拡散した)アスペルガー症候群に代表される「発達障害系」の陣営と、その周囲で二次災害が起きていると主張する(この話は流石の臨床系も非公式に分類しているだけで果たして本当に障害なのか正式に認定”していない”)「定型ナントカ」陣営が、
金網デスマッチみたいな戦いとなり、
(強迫心理構造からわかると思いますが)”道徳デスロック”でマウントポジションを取る「(被害者マスクレスラーの)定型ナントカ軍」が「発達障害系」陣営に追い込みかけてるって構図です、、。

「な ん じゃ こ りゃ 」
開いた口が塞がらないというか、、、
●その戦いで勝者になると、何を得る事ができるの?←わかる方は是非教えていただきたい。
(そこにはインチキカタルシスも起きネーよ?)
世の中広しと言えども、これほど不毛な戦いは無いでしょう。
(しかもショボいというか、、、通常は誰の目にとまることもない裏路地の話で、左巻きセクト同士の内ゲバよりも小さなコップの中の、、、なんていうのかなぁ、、、)


■これもまた「『共同幻想』崩れのなれの”果て”」なんだろうと思います。
いやいや”果て”過ぎるだろう、、、(”果てしなく”続くのか?、、、)

<話戻るけどさ>
「なんとか障害」って言葉自体がフェイクなんだよ?、、、
「カルテになんて書こうっかな〜」と考えた臨床系・精神科系の”思い付き”に過ぎません。
ちょ、、、ちょっとバックグラウンド振り返りますが


人類ヒト科は類人猿として異例の進化しておりまして(ぶっちゃけて言えば地球上どの生物にもあり得ない、通常生物において繁殖期だけに”限って”発現するトンデモ過剰欲求状態《魚が古代遺跡のような陣地作ったり・鳥がバレエダンサー顔負けな踊りを踊ったり・子殺し含む殺伐としたボス争いが起きたり》という異常心理の状態が→年中無休に進化した)、、、
 ↓
精神科なりが診断しようと思えば「人類ヒト科全員に誰でもナントカ症」の名前付けられるんです。

こんな事いうと、叱られると思いますが、
仮に「マッドサイエンティスト」が人類の平和実現のために「ニンゲン改造計画」なる組織を立ち上げたとするなら、オスを去勢しメスから卵巣子宮を奪い、子孫はクローン技術とフラスコの中で育てるなんてーなSFダークサイド物語となります。

→続きを読む

posted by kagewari at 17:06 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

こうなってくるともう何がなんだか(リクエスト関連)


同じ方からと思います
随分暴論になってますね
(ある意味、あなたの言うところの「社会常識逸脱してる」と思いますよ)
>こちらは表面的な社会適応すらできないレベルの閲覧者ばかりで場違いな発言をして申し訳ありませんでした。ここの閲覧者にはいるだけで健常者に迷惑かけるから一切社会との接点を持つな(ましてや結婚や子作りは論外)と警告してくださっているのですね。あと発達や似非人権家の人は私達のことを「定型発達者」「定型発達症候群」「ロボット」などと揶揄し、自分達がまともで正しいと勘違いしてるので警告をお願いします。私達は「健常者」「健全者」です。

なんだか前回の私の説明が遠からずってことなのかなと思いますが、
ここであーなんだこーなんだと書くのも違った方向の煽りにもなり兼ねないので、言葉選んで説明しますが、おおよその事は前回記事に書いたとおりです。

■そもそも健常者とは文字通りの意味では【無く】
所謂オンザレールな『共同幻想』ワードであって、このタイプの社会適応者を指す”俗称”です。
言うまでも無く、彼らから見たら変人枠である『歩留り』選択者や『単独者』から見れば(そらお互い様相対論)、健常者って言葉は『共同幻想』カルトの信者同様の意味となる(問題意識のある自我にとって健常者社会は百害あって一利なしのカルト集団である:「海兵隊とISの相対論」)。
確信犯的『共同幻想』再選択保守思想派は自分を健常者とは呼びません(何々人とか何々教徒とか何々員など選択組織名を自称する)。

それから
心理学にも臨床系にも「健全者」なる概念はありません。
人間の心理に健全も不健全も【無い】からです。
(何をもっての健全かその概念は組織や個人でバラバラだからです。)
(『共同幻想』ワードには「健全図書」や「不健全図書」なる言葉があるように、健全や不健全とか特定思想が何かに勝手なレッテル貼ってみたり、食事における”嗜好品も大概に”みたいな意味で使われるような話。←ちなみに江戸時代には健康って言葉もありませんでした。)

●人間の心理には健全も不健全も無く、
「自分は何のスタンスか?」の差異があるだけで、
心理学の相談に及ぶ「自身のメンタルへの問題意識」は(自我構造論なので)やれ健全だとか健常だとか「なんとか障害」と無関係な話です。

(※誤解があるようなので補足しますが、前記事で「心理学サイトの閲覧者」は問題意識のある人だからのくくりで「強迫心理の煽りで『共同幻想』社会に近づかないよう注意している。と書きましたけど、暗に《社会における世代関係にあるように》問題意識のある世代から見ればオンザレールな『共同幻想』適応な自称健常者はカルト宗教信者も同様の関係性なので悪循環に至るから注記しているもので《海兵隊とISの相対関係と同じため》、どっちが健全とか”無い”ワケです。→問題意識を持つ自我の方が時代的には先行している。)


■また、どっかのリクエスト記事に書いたと思いますが
サイト相談者には「なんとか障害」の診断も無く、
普通に一般社会で何不自由なく生活している方もいます。

(この場合は『共同幻想』に近づかないも何も、社会や対人関係における問題は無く→そこじゃない心理的問題意識の相談。)

何度も言いますが、
「自身のメンタルに対する問題意識」が心理学の対応する事例やテーマであって、
臨床系の分類する「なんとか障害」の診断と心理学は”全く関係ありません”。

(「なんとか障害」の診断がある人は心理学が助けになるって意味でも”無い”→心理学にとって所謂臨床系の「なんとか障害」診断は「だから何?」の意味でしかないからです。)

→続きを読む

posted by kagewari at 23:44 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんかまたきたんだが(発達障害の元夫に疲れてさん)

えーと文句言う場所が違うだろって言葉が通じないのかね?
web投げ銭リクエスト規定による引用から

>発達障害の元夫に疲れてカサンドラ症候群になった者
>表面的に社会適応してる発達が一番厄介です。こういう人達も子供時代に虐めや虐待を受けて人格が歪んでます。そもそも自分が悪いのにいじめや虐待を受けたと逆恨みするのが大半です。まあ発達と共依存に陥った私にも問題はあったのかもだけどカサンドラは結婚相手や家族だけではなく職場や周囲の他人も陥ります。健常者が被害に遭うから発達の人は一切社会に出て来ないで!無職の人も子供の頃から親や家族、周囲の他人に多大な迷惑かけてきたことを自覚して!健常者の方は少しでも相手に違和感を感じたら結婚はやめましょう。後悔します。

 ↑
だから、その臨床系の「なんとか障害」とかの分類には意味が無いんだっての
(名前つけようと思えばなんでも付けられるんだから)

■外形的事実だけの話になるので推定含むけども
さっきも話したように、
心理学的にはあなたの元夫は健常者だから
で、なんどか障害の度合いも他の人(あなたの言う他の健常者)と大差ないんだっての。
(所謂一般の『共同幻想』適応者の言う事も大概だからね)

この高度経済成長時の『共同幻想』モデル(あなたの言う自称健常者達)、このモデルからして明治とも違うし江戸時代とも全然違うワケ、
(他の世代から見れば別の時代の健常者はキチガイなの?ってぐらいに違う。←海兵隊がIS社会をイカレてんじゃないかと思うのと同じぐらいに。)

でー
『共同幻想』崩壊時代ってのはだ、
所謂オンザレールや、ナチュボーン系の『共同幻想』適応人格の均一性が崩れてくるの、
(時代的に世帯が迷うことなく受験戦争を肯定するみたいな”昭和の集団心理”は崩壊してるから)
”崩れてくる”ってことは、
『共同幻想』のキモである、各人が持ち寄る常識論が”共有できない”ケースが増えるって事。
(この段階で各人が『共同幻想』だと信じた概念は「単なる強迫心理」に落とされる。←共有化に失敗したから”個人的な妄言”とかになっちまう。)

●心理学の原理原則で説明したように、
「共有化共感化に失敗した個人の”『共同幻想』のつもり”は=「強迫心理」なワケ」
逆さまに言おうか?
「強迫心理」が、複数に共有共感されるとそれは『共同幻想』に変質(バージョンアップ)する。
(多数決による正統性を獲得し→不安や承認欲求が解決する)

しかし共有されないと「ただの強迫心理」なワケ、
(「どうしてわかってくれないの!○○だよね!」とパニックに転じる)

ちょっとここの意味まだわかっていないようなので、
しつこつ説明するけど
「常識だとか道徳論には普遍性無いから(民族や時代で変化する”その都度”概念)」
ぶっちゃけ”その時代の思い付き”程度の概念なワケ、
(国籍や刑法みたいに何世代も理性をプルーフされ続けた保守思想系概念は時代を超えるので例外)

提示される概念の中身を哲学的に論議するってスタンスもあるけれど(多数決とか共有とか関係無く学術的な論争をもって根拠を明解にする)、
そういうことやるのは『単独者』の分野なワケ
(所謂市井の”自称健常者”のみなさんは、政治や文化人類学や哲学的討議を”むしろ避ける”でしょ。健常者の世界の空気を読む原理から言えば「難しい話とかすんなよ」なワケだ)
 ↓
これに対して『共同幻想』社会適応系ってのは「みんながそういうから」を背景に(そうやればさあんまし頭使わなくても多数の概念盛り込めるじゃん)”中身を問わず”(哲学論争などをせず)常識や道徳論をそのまま導入するワケだよ。
(スムーズに導入できる人に「おりこうさん」なる名前までついてる)。

つまりさ、
●学徒出陣時代だとか、戦後集団就職時代だとか、受験戦争時代など社会の均一性が壊れると、その都度『共同幻想』は破壊と再構築を繰り返してきた。
この動きは発展地上国だから可能な話で(人が個性化できるほど豊かじゃないからある意味生存競争のスタイルが変化しているだけ→社会の集団的構成は必要悪として継続するから)、

日本が先進国になり個性化が進むと『共同幻想』による社会運営は本来”終わり”なの
(個性化の時代となり、社会が生存をかけて集団組織化して均一化・同一化する時代は終わる。)


しかしだ(取り残される人達じゃないけれど)
●事の本質を哲学論争のように考えない層
(オンザレールやナチュボーン適応者=自称健常者←米国で言えば「よきキリスト教徒」)
「こうあるべきってその哲学的根拠は?」で喧々囂々に”ならない”の
そこは個人で考える事では無く偉い人やみんなの言う通りが正しいってアバウトな底引き網で広範な概念をそのまま導入してきた自我だからね(空気を読め、難しいこととか言うなよ、、)、

結果、
環境の均一性や同一性が後退するとその階層では
「こうにきまぅてるだろ!」「ちがう」「なんでわかって(共有化して)くれないの!!」
みたいな100パー結論の出ない水掛け論が各所で噴出する。
「わからない人は悪いんだからイジメられて当然だ、自殺してくれたらむしろせいせいする」
【これが『共同幻想』崩れ社会の実態】

やれなんとか障害が悪いとかそういう話しじゃネーの
現在、あんたら自称健常者の世界そのものが絶賛ぶっ壊れてるんだってば。
(そして、既に自称健常者って現代社会では”もう比較少数派”だからね。)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:40 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

リクエスト関連、また変なのが(発達障害の元夫に疲れてさん)


この人も自称健常者(『共同幻想』系人格)なので、
言わせてもらいますが、
(リクエストはありません頑張ってください的な少額投げ銭はありがたく感謝しますが)
この内容で、15円て、、
(『共同幻想』ワードで言えば)お前に常識ないだろうよ。
サイト内社会において「あんたがコミュニケーション障害」なっとんじゃん、、、。

web投げ銭規約による引用から
>発達障害の元夫に疲れてカサンドラ症候群になった者
>発達の元夫は言わないと分からない、一から千まで説明しないと理解しない、絵にかいて説明しないとわからない。園児かよって思う。人の気持ちがわからず思いやりがない、人のせいにする、毎日発達夫を世話してる私への感謝もない。それどころか好きで障害に産まれたんじゃないのに感謝の押し付けをするな、バカにするなと逆ギレ。今の夫は健常者で私が辛い時には言わなくても理解し、寄り添い、動いてくれる。発達は結婚しないか、発達同士で結婚して下さい。発達は何故健常者との結婚にこだわるのかしら?


で、
以前から「臨床系」のトンチンカンな分類には疑問感じているんだが、
彼らの言う概念だとどういうことかって、wikiから概要を引用してみよう。

カサンドラ症候群
アスペルガー症候群の伴侶を持った配偶者は、コミュニケーションがうまくいかず、わかってもらえないことから自信を失ってしまう。また、世間的には問題なく見えるアスペルガーの伴侶への不満を口にしても、人々から信じてもらえない。その葛藤から精神的、身体的苦痛が生じる[2]という仮説である。現在のDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)その他には認められていない概念である。また、カサンドラ症候群の場合、夫婦間においてどちらか一方が悪く、どちらが正しいか、という問題ではないことに留意すべきである。


<ちょいと似た症例>
メサイアコンプレックス
自分は不幸であるという感情を抑圧していたため、その反動として自分は幸せであるという強迫的な思いこみが発生するとされる。さらにこの状況が深まると、自分自身が人を助ける事で自分は幸せだ(自分には価値がある)と思い込もうとする。
このような論理になるのは、幸せな人は不幸な人を助けて当然という考えを自らに課す事で「自分は幸せである、なぜなら人を助けるような立場にいるから」と考えられるからである。本来は人を援助するその源として、まず自らが充足した状況になることが必要であるが、この考えは原因と結果を逆転させている。
そうした動機による行動は自己満足であり、相手に対して必ずしも良い印象を与えない。また相手がその援助に対し色々と言うと不機嫌になる事もある。しかもその結果が必ずしも思い通りにならなかった場合、異常にそれにこだわったり逆に簡単に諦めてしまう事も特徴的である


(※間違うといけないから念押ししとくけど上記は臨床系の言い分で、俺がそう考えているとかじゃないから。てか臨床系ってこの辺の話を昔人格障害の枠で話してなかったか?←まあそれはいんだけどさ。)

●それから重要な前提条件
心理学では「当事者が自身のメンタルに問題意識を持つ自我」を相談の対象としているので(当事者が平気であればサイコパスだろうとなんだろうと”個性化枠に過ぎないため”好きにすればいいのであり)、
仮に前述の問いのように、発達障害の夫的な人物像(おおよそ自身のメンタルに問題意識を持っているとは思えない)、心理学的には「健常者」なワケで、
心理学上の論理的分類で言えば「『共同幻想』崩れによくある人格」になる。

※末尾に記載しているけれど、確かにこのサイトの相談者には「なんとか障害」の診断受けている人もいます。「なんとか障害」なんて言葉は人類全般に診断可能な概念だから”幅が無限に広い”ワケでさ。←この話になると長くなるので省くけど、心理学の概念上どちらか言えば「自身のメンタルに問題意識持つ自我」の味方的立ち位置になるが、心理学的に「オマエラ『共同幻想』適応系じゃん」な「なんとか障害」に関しては”勝手にしろよ好きにしてくれ”心理学は関係ネーからのポジションなワケだよ。


■どうにも『共同幻想』系の人達は彼らが権威を認める臨床系の診断をさも病気であるかのように「やっぱりそうか」のような認識しているようだけれど、
(ここは2chなどでも顕著な現象)
表向き
心理学が対応するような「自身のメンタルに問題意識を持つ当事者」の案件では、
社会不適応を派生させているケースがほとんどなので、
正社員などの就職をしてしいない
ましてや結婚などしていない(むしろ恋愛経験すらないなど)ケースが大半で、

臨床系が何をもって障害診断を連発しているのかわからないけれど、
(まーね一般慣用句上の「あいつあったまおかしいだろ」的な世界のことかなと思うところはある)
 ↑
前述引用のカサンドラのとこで
>現在のDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)その他には認められていない概念
と説明があったり、

彼らをして「そもそもナントカ障害って分類を「健常者同士のコミュニケーション障害が著しいケース」として分類してるだろ」と、心理学は考えます。

●そもそもが「健常者」って言葉も、
心理学的に言えば「『共同幻想』適応という一種の障害」なのであり、
前のリクエスト関連でも書いたけど、「なんかこんな不快症状ありますって臨床系とこで言えば全員なんとか障害のタイトル貰えるから」←そうう類のことなんだってば。


でね、
前提欄に「メサイアコンプレックス」引いてみたけど、
発達障害の元夫に疲れてさんは、文字通り「元夫とあるので」
現在は離婚されているだと思いますが、
「ダメだこりゃ」ととっとと離婚していればいいワケでしょ。
(カサンドラは二次的と言われてるだけでなく、臨床系すら非正規なジャンルだし)
そうじゃなく、今現在も「元夫がどうたら」という話しに及ぶのだとしたら、
(話の流れ的にPTSD系じゃないし)
話しの始まりはメサイアコンプレックスの方じゃネーのって気もするし、

健常者と結婚したがるのは健常者だけです(笑

この心理学サイトで相談される「自身のメンタルに問題意識を持つ方」の大半は、健常者にはイジメられた経験を持っていて(怒りや報復感情を訴える例は少なくありませんが)、健常者との結婚なんてトンチンカンな相談、過去に一例もありません。


→続きを読む

posted by kagewari at 17:24 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

自衛隊F3戦闘機は国産主体か(このネタを心理学的に論じてみる)

今回は趣向を変えて
<<<<<OP『人間椅子』>>>>>

人間椅子「見知らぬ世界」("Mishiranusekai" - NINGEN ISU)

「宇宙からの色」とか「深淵」もいいかなと思ったけれど、続けるのもこの辺にしておきましょう
頑張れ『人間椅子』(同世代的に肩入れしてしまうのであったww)


さ、そんなワケで、
「目の黒いうちに国産戦闘機F3が見たい」と思っているのだが(笑

どうなんでしょう。
俺は自分が日本国籍である『共同幻想』を否定する予定はないので(てか合理性で論議する話でもないので否定する意味がない)、そのままだけれど日本の安全保障は自分の身に関わる事項として(有権者だし)受け取っているだけなんだが、

F2戦闘機の後継機は日本が主導して開発を 安倍首相
2019年6月11日 16時43分(NHK)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190611/k10011948781000.html


そら元ガンマニアですから、国を象徴するGUNには興味津々なのであり、
(64式自動小銃にもトンデモあったり)日本が苦手な部分あるの知ってますが、JAXAの宇宙開発しかりで国単位の選択って局面には(それ以上の『共同幻想』上部構造が”無い”ので)、
『共同幻想』認知リミッターも外れて、自由な日本人の『自意識』マター全開を垣間見ることができるのですよ。
「本当はどんな顔してんの?」←興味あるじゃないですか(笑

■NRA(全米ライフル協会)の肩持つつもりは無いですが、
銃は機械(文明の力)であって、公害だとか有害物質ではありませんから、
ガンコントロール法があったとしても(自家用車所有規制しても文明から車が消えることは無い)、「人類の文明と銃」ってのは消せない歴史である。
(※誰しもが所有や行使の権限や使い方に関して考えることが現実として投げかけられている)

「文明的に不要な機械だ」などいう話も出るだろうけどさ、
キュリー夫人(ノーベル賞)とこまで戻って考えるんですかって話で、
あーたね、はたまた
ノーベル賞の元祖がー(アルフレッド・ノーベル)
「ノーベルはダイナマイトの発明者」なんですぜわかってる?
んな事いったら
「火炎放射器にもなるから火をつけるのやめれ」って言うのか?
(実際オール電化住宅の広告で見た気がするけどww)

「ナイフは禁止だが包丁やカッターナイフはいんだ」←分類できんだろうが!
(刃物は禁止って、ピテカントロプス・エクピトス《Pithecanthropus Erectus》なめとんのか)
見てきたワケじゃないが(笑
ボノボ他類人猿の社会見れば、最初に手にした道具は”武器にもなる棒や石”でしょ、

銃は文明の成果であり、少なくとも現代社会は「人とともある存在」です
(※誰しもが所有や行使の権限や使い方に関して考えることが現実として投げかけられている)
 ↓
●私はガンコントロール社会の住民なので銃に関して無知蒙昧でいい
(その判断を自衛隊や代議士に付託している、俺は知らなくていい)
 ↑
それは有権者の責任としてNGなんだわ

→続きを読む

posted by kagewari at 10:29 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

意外と消費税10%は争点にならないのではないか


どこで書いたか忘れちゃったけど、
「経済学よく知らない一般人にとって、インフレターゲット2%が思うように達成されないことと、消費税の2%上げることは区別ができない」
(消費増税見送っても、景気拡大でインタゲ目標達成すると物価が2%上がるんでしょ?)
 ↑
こうなるよね
マクロ経済はあんだかんだ言って市場や消費者の心理なのであって、
「経済評論家が思うほどクリティカルでは無い」と思うのよ心理学的に。
(右派論壇ではここえらい騒ぎになっているけど、俺はたいした争点では無いと思う。)

●副業の不動産的に言えば「既に今年に入ってから景気後退の感触がある」
この停滞感は「既に消費増税を織り込んでいて、やったらどの程度の影響になるのか(社会福祉の拡大含めて)様子見段階に至っている」と思うんですよ(一種の手控え感ってのかな)。

さあ、どうなんでしょう(ジャーナリストの須田さんっぽく)
市場や消費者は「増税でこんだけ悪くなったとして、補正予算でどういう対策打つの?(財務省に貸しができるんだから大盤振る舞いできるよね・日銀の金融緩和も更に拡大の口実となるか)」←むしろ関心はこちらでしょ。
ですから、今財務省と喧嘩しても消費増税2%ストップしても「今と何も変わらない」。
 ↑
この判断も一種のギャンブルなんだけれど、
(自民党の選挙前世論調査の精度はかなり高いと言われている)
参議院選挙の票読みでそういう感触あるのじゃないか?
政治家特有の読みというか、勘というのか、


「織り込まれている心理」をベースに考えると
「同時にそれは期待感」でもあり
(※これも勘なんだけど、日本人特有の心理で「5%還元キャッシュレスのなんとか」←これほとんど利用しないのじゃないかな?→むしろ「ほら失敗したじゃないか」と言わせたい。)

■ひとまずウルサイ財務省との関係はここでケリをつけて
「オマエ景気の後退(8%の時みたいな)無いって言ってたの嘘だったじゃないか。(米中関係だ?んなこと上げる前からわかってたろ)責任取れケジメつけてもらうぞ、10パーの約束は守ったんだからな」
 ↑
こっちの期待感の方が大きくないか?
(日本の有権者バカにしちゃいかんからね。財務省相手に大変だってことは思うより広範に”共有”されていると思う。)

→続きを読む

posted by kagewari at 00:59 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
Amazon
















































タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0